収納整理整頓
狭いキッチンでも収納次第で使いやすくなる!おすすめ収納術とは
サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

1人暮らしの1Kタイプなど、狭いキッチンで困っている方は多いのではないでしょうか?

料理したいのにスペースがなくてやる気が起きない、場所がないので調理器具をしまうことができない、物があふれていて見た目が残念なことに……など狭いキッチンには悩みがつきものです。ちょっと手を加えることで、使いやすいキッチンになるならぜひ試したいですよね。

この記事では、狭いキッチンでも使いやすくなる収納のコツやおすすめアイテム、収納術をまとめてお届けします。

狭いキッチンの悩み事

狭いキッチンは、とにかく収納スペースがない点と、作業スペースがない点が悩みどころです。収納スペースがないと、キッチンの作業スペースに物があふれていき、余計に使いにくいキッチンになっている場合も。重ねて物を置けば下の物も取り出しにくく、実は使っていないアイテムがある、使いにくいのであきらめている料理があるなど困った事態になっていませんか?

そしてごちゃごちゃするせいで、掃除がやりにくい点も悩み事ですよね。まずは収納を見直し、導線や作業スペースを確保することで一気に使いやすいキッチンになるはずです。

狭いキッチンでの収納のコツとは

狭いキッチンの収納のコツはどんなものがあるのでしょうか?大きくは4点です。

  • デッドスペースの活用
  • 物を最小限にするため、定期的な断捨離を行う
  • アイテムを重ねておかない
  • よく使うアイテムは手に取りやすいところへ収納

まずは狭いキッチンのデッドスペース活用を考えましょう。いろいろな収納アイテムや実例がありますので、自宅のキッチンに使えそうなアイデアやアイテムを使うと簡単に収納スペースを確保することができます。

また、断捨離は収納の基本ですので、1年使っていないものは基本捨てるようにしましょう。狭いということは、収納にも限りがあります。要らないものと要るものを整理整頓することで使いやすいキッチンになっていきます。

ほかにもアイテムを重ねて置いておくと下の物が出しにくいので上手収納することも大事です。よく使う1軍アイテムは使いやすい位置に収納したいですよね。

狭いキッチンにおすすめの収納アイテム

それでは、狭いキッチンでも大活躍のおすすめ収納アイテムを紹介していきます。

dinos キッチン吊り戸棚下ラック」


シンクや作業台の上の空間を上手に利用できる、吊戸棚ラックです。キッチンペーパーをはじめ、ラップやアルミホイルなどさっと使いたいアイテムを収納するのに便利。布巾を干す棒もついているので、このアイテムを導入するだけで簡単に戸棚下のデッドスペースを活用することができるアイテムです。

SPLUCE 突っ張りキッチンラック スリムポールラック

キッチンにピッタリの小型の突っ張りポールラックは、シンク目の前の壁側やちょっとしたスペースを上手に活用できる便利アイテムです。調味料などの収納に便利な、ガード付きトレイカバーが配置したものが落ちにくくガードしてくれる点や、キッチンツールの収納に便利な、引っ掛けて使える脱落しにくいSフックがついている点も魅力。工具不要。

BELLE MAISON クルクル巻けるステンレス製折りたたみ水切り」


シンクの上を作業スペースや水きりに使うことができる水切りネットです。こちらの最大の特徴は必要ないときは畳めるという点!使わないときには丸めておくことができるので、狭いシンクで大活躍間違いなしのアイテムです。

耐荷重10キロと鍋も置ける強度と、ピッチが狭いので隙間から物が落ちにくいのも嬉しいポイントです。

BELLE MAISON 幅13㎝のハンドル付きスリムワゴン

狭いキッチンには隙間収納が重要な課題です。そんな悩みを解決してくれるのが「BELLE MAISON 幅13㎝のハンドル付きスリムワゴン」。冷蔵庫とシンクの隙間や、電子レンジ台と冷蔵庫の隙間などちょっとした隙間にパントリーのような収納を作ってくれるワゴンタイプの収納アイテムです。2リットルのペットボトルも収納することができるので使い勝手も抜群。ハンドルもついているので引き出すのも楽々です。

dinos マグネット冷蔵庫サイドラックタワー

冷蔵庫などの磁石のくっつく場所に取り付けることができる収納ラックです。キッチンペーパーやペンなど、ちょっとした細かいアイテムを置いておくのにぴったり。1つあると何かと便利で、簡単に設置できる点もおすすめです。あまり収納スペースがない場合に大活躍間違いなしのお助けアイテムです。

狭いキッチンのおすすめ収納術

ミニキッチンならシンクの上を上手に活用


1Kなどの間取りに多いミニキッチンには、作業場所が少ないことも多く使い勝手が悪いですよね。そんな時はあえてシンクより大きなまな板を使うことで、作業スペースを広げることができます。小さいまな板で省スペースという考え方でも良いのですが、逆転の発想でスペースを作ることも可能という実例です。

シンクの上を活用なら水切りも便利


シンクの上を作業台にするという点では、水切りも便利です。板状の物なら、使わないときにはまな板と一緒に立てかけておくことが可能。洗ったお皿もシンクの上に置けるので、洗い物の受け皿も必要ありません。受け皿が邪魔だなと思ったときにはぜひ検討したいアイデアです。

冷蔵庫の側面を活用しよう


冷蔵庫の側面にはマグネットで色々なものを取り付けることが可能です。キッチンペーパーのホルダーやタオル、ちょっとしたキッチンツールなどを収納しておくスペースを作ることができます。

上手に冷蔵庫を活用するマグネットアイテムは多く販売されていますので、用途に合ったアイテムを見つけるとキッチンが使いやすくなります。

シンク上の水切り棚などにS字フックで簡単収納


吊り下げ収納ならS字フックで簡単に作ることができます。S字フックはキッチンツールなどの吊り下げ収納にぴったり。100円ショップでも手に入るので手軽に試せる点も魅力です。

マグネットフックやシールで貼り付けるフックに突っ張り棒を渡して、そこにS字フックをかけると吊り下げ収納を作ることができます。吊り下げるキッチンツールは、よく使うものに限定すると使いやすく、棚の耐荷重をオーバーせずに使うことができます。

ゴミ箱はスリムなものを選ぶ


場所を取りがちなゴミ箱は、冷蔵庫と棚の隙間などのデッドスペースを活用してうまく配置しましょう。横に長い物よりも、縦にスリムなゴミ箱がおすすめです。ちょっとした隙間を活用することで、狭いキッチンでもすっきりとした見栄えになります。

ポールラックで突っ張り収納


小さめの突っ張り収納ならちょっとした場所に配置できます。壁に穴をあけるなどの傷がつかないので賃貸物件にもおすすめ。工具不要で気軽に取り付けられる点も優秀です。突っ張りタイプは上下で支えてくれるので、安定感が抜群な点も魅力。

シンクの下を上手に活用

突っ張り棒を2本渡せば、簡単に収納棚の完成です。シンクの下のスペースを見て、上部に空きがある場合は突っ張り収納を使って活用しましょう。突っ張り棒の上にカゴをのせても、軽い物ならのせられるので掃除道具やタオル、布巾などを収納可能。100円ショップでも手に入り、試しやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
狭いキッチンもデッドスペースを上手に活用することで収納力がUPします。ほかにもデッドスペースをうまく活用することで作業スペースを確保できるので、作業用に開けていた空間を収納に使うことができるかもしれません。

狭いキッチンを使いこなすのは大変ですが、アイデア次第で使いやすいすっきりとしたキッチンに生まれ変わらせることもできます。ぜひ収納術やおすすめアイテムを参考に、狭いキッチンを使いこなして毎日気持ちよく料理をしましょう!

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて