トランクルームって個人で借りられる?個人の利用用途調べてみました
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

トランクルームは、様々な人が様々な用途で使用できる便利な貸倉庫です。貸倉庫ときけば、企業が備品などを保管するための場所と考えがちですが、実は個人でも利用できるのです。

今回は、トランクルームの使い方や、個人で借りる場合の利用用途の例、個人利用の際のおすすめのトランクルームについてご紹介します。

そもそもトランクルームとは?

トランクルームは、一般的には貸倉庫のことをいいます。大きさや規模、立地などの条件によって価格は異なりますが、様々な用途で使用されています。トランクルームには大きく分けると屋内型と屋外型、宅配型などがあります。それぞれ特徴が異なるため、利用前にそれぞれの特徴を知ってから自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

屋内型トランクルーム

屋内型のトランクルームの場合、空調設備が整っている場合が多く、特に湿気やカビなどが心配なものを保管するのに適しています。たとえば、衣類や本、布団などですね。

ビルの中にあるトランクルームの場合、1階と2階とで利用料金が違うケースが多く、保管するものの大きさなどを考慮しながら値段と相談する必要があります。さらに、屋内型の場合はセキュリティ面がしっかりしている点をウリにしているところが多いのも特徴です。

ただし、必要なものを取り出しにいく際には、事前の予約が必要なケースが多いため、気軽さや自由さといった面では屋外型の方が便利な場合があります。さらに、屋内型のトランクルームには駐車場があるところとそうでないところがあります。

駐車場がない場合、運搬時には近隣のコインパーキングなどに車を停めることとなりますが、そこまでの運搬に苦労する可能性があります。荷物の運搬に関して、駐車場代金がかかる点も考慮して選ぶ必要がありますね。

屋外型トランクルーム

屋外型のトランクルームの場合、すぐ近くまで車が停められるケースが多く、大型の荷物の運搬には便利です。自分が好きなときに運搬できることが多いため、比較的自由度が高い点もメリットです。

屋外型は屋内型に比べると、空調や換気の面でやや不十分と感じる場合もあります。湿気やカビが心配なものの保管には適していない場合もあるため、事前の確認が不可欠です。湿気や気温で劣化しないものの保管であれば、屋外型のトランクルームが便利ですね。

宅配型トランクルーム

宅配型トランクルームの特徴は、荷物の出し入れが全て宅配で完結することでしょう。また、複雑な契約が不要なサービスが多く、インターネットから10分ほどで申し込みが完了する場合がほとんどです。

保管環境は一般的に屋内の倉庫が活用され、空調設備がしっかりとされているものが多いです。また、倉庫の管理者以外立ち入らないため、セキュリティ面では他のトランクルームと比べて優れています。

ダンボール1箱から預けられるようなサービスが多く、小さなサイズの場合利用料金が格安なのも宅配型トランクルームの特徴です。

トランクルームは個人で借りられる?

トランクルームは、企業で借りることもできるし、個人でも借りることができます。企業の場合は、会社に保管しきれないものを保管しておいたりするケースが多いですが、個人の場合はもっと利用用途が幅広いです。

トランクルーム利用にあたっての申し込みや契約は、店舗に訪れて行うことも可能ですが、メールや郵送でのやりとりもできる場合がほとんどです。申し込みや契約書への記入をすませ、初期費用の入金後には鍵が送られてきます。

急いで利用したい時には、店舗に出向くと場合によっては即日からの利用も可能です。

個人のトランクルーム利用用途とは

多くの場合、収納スペースの確保のために利用されています。たとえば、滅多に使う機会のないものや、夏・冬のレジャー用品、季節ものの衣類や布団、家電など、季節によって使う時期が限られるものの保管に便利です。

これらのものを収納するスペースが空くと、自宅が片付けやすくなり、快適な居住空間につながる可能性がありますね。

また、引っ越しや家のリフォームなどの際に、短期間荷物を預けられる場所としてもよく知られています。トランクルームは、長期でも期間限定の短期でも利用できるため、一時的なものの保管にも適しているのです。

個人で利用する場合、趣味のものを保管する場所としてもよく使われます。コレクターなどは、趣味のもので部屋が埋め尽くされがちですが、トランクルームを利用すると自分が楽しみたいときだけ存分に楽しめます。家族がいる場合は特に、周囲に気兼ねなくコレクションを続けたり、趣味を楽しめる場所になるため、あまり家族に自分の趣味を共感してもらえない人にもおすすめです。

近年では、災害時に備えてトランクルームを利用する人も増えてきています。災害などで家が壊れてしまった場合、家族の思い出の品々がすべて無くなってしまうことはあまりにもツラいと、トランクルームと自宅とで思い出の品をそれぞれ保管している人も多いです。さらに、非常食をいくらか置いておくことで、いざ災害が起こったときでもトランクルームが利用できれば当面の生活に役立てることができますね。

個人のおすすめのトランクルームとは

都市部を中心にトランクルームはいくつもありますが、特に個人で利用したい場合は宅配型のトランクルームがおすすめです。その中で「CARAETO」というトランクルームサービスがおすすめです。

アプリで簡単に段取りできる

CARAETOのトランクルームを利用する際には、基本的にアプリをダウンロードして様々な依頼を行うことができます。トランクルームに保管したいものがある場合、申し込みをアプリから行って専用の梱包ボックスを依頼したり、取り出したいアイテムがある時にもアプリから指定して取り寄せることが可能です。

運搬の手間がかからない

一般的に、トランクルームを利用する時には自分で持ち込み、自分で取りに行くことが多いですね。その点、CARAETOのサービスを利用すると自宅へ引き取りにきてくれたり、保管しているものの中から必要なものを持ってきてくれるため、運搬にかかる手間がほとんどかかりません。

これは、かなり便利なサービスです。自家用車を持っていない人や、運転免許自体を持っていない人、高齢や病弱などの理由で運搬が困難な人、運搬のためのガソリン代や駐車場代をかけたくない人などには嬉しいですよね。

保管物の把握がしやすい

CARAETOを利用すると、ダンボール1箱につき30品目20kgまで入れることができます。さらに、預けて間もないうちに、中身を一つずつ写真におさめてもらえるため、何を保管しているのか確認が可能です。

「あれどこにやったかな、トランクルームにあるのかな」と思った時には、すぐに確認することで保管状況が一目瞭然です。何を保管したか忘れているうちに、新品を買ってしまっていたなどの失敗を避けることができるかもしれませんね。

不用品がお金になるかも!

しばらく使用する機会がないとトランクルームに保管しているうちに、そのまま使わずじまいになってしまうものも当然ありますよね。そ通常は自分で取りに行って、自治体の定める方法に従って処分したり、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう必要があります。

CARAETOを利用すると、保管しているものの一覧の中からリサイクル品として売却したいものがないか把握でき、専用マーケットで販売することができます。

こうした便利なサービスが充実しているCARAETOのトランクルームは、これから利用を検討する個人利用者にとってとても嬉しいポイントがたくさんありますね。

まとめ

いかがでしょうか? 今回は、トランクルームを個人で使用することができるのか、またその用途についてご紹介しました。現在は、個人での利用が増えており、その用途も収納スペースの確保にとどまらないことが分かりましたね。

趣味を楽しむための手段や、災害時の備えなど、私たちの生活でとても身近なものとして利用できるトランクルームは、これからもっとバラエティ豊かな使い方で利用されることが期待できます。

自宅での収納場所のなさに困っている、トランクルームを利用したいが運搬の手間をかけたくないなどあれば、気軽に利用できるCARAETOのトランクルームをチェックしてみてはいかがでしょうか。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる