収納整理整頓
一人暮らしのキッチン収納のコツや参考にしたい実例を紹介!
サムネイル

「キッチンが狭くて使いづらい」
一人暮らしのキッチンだと収納も少なく、このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

一人暮らし用のキッチンと一口に言っても様々なタイプがありますが、標準的な1Kや1Rに設置してあるタイプだと収納もスペースもあまり広くはない場合がほとんどです。節約や健康のためにも自炊をしたいと思うと特に、野菜を切ったり調理したりするスペースがなく困ってしまいますよね。

そこで今回は一人暮らし用の狭いキッチンでも収納をうまく活用し、使いやすいキッチンにする方法をご紹介していきます。

一人暮らしのキッチン事情

一人暮らし用の賃貸には、一般的にコンパクトなキッチンが設置されていることが多いもの。コンロが1口のみの場合や、作業台・収納がほとんどないということも少なくありません。まずは、それぞれの間取り別のキッチンを見てみましょう。

1R(ワンルーム)


居住スペースとキッチンなどが全て一緒の空間になっているのが特徴。コンパクトなキッチンが設置されていることが多いですが、キッチンも部屋の一部となっているので、自由に使えるスペースは広くなります。ただ調理した際の臭いなどが充満してしまうのが気になるところ。

1K


居住スペースとは区切られており、キッチンは玄関から部屋までの間の廊下に設置されているケースが一般的。キッチン自体は1R同様にコンパクトなものが設置されていることが多いです。収納は吊戸棚のみの場合も少なくありません。また、廊下の狭いスペースには、食器棚やワゴンなどを置くことが難しいため、空間をうまく収納を活用していく必要があります。

1LDK


居住スペースの他に、リビングダイニングがありそこにキッチンが設置されているので、1R・1Kと比べるとスペースにゆとりが生まれます。大きめの収納家具や冷蔵庫などが置くことも可能に。キッチン自体もコンロが2〜3口付いていたり、収納も備え付けで収納力があるものが多いです。一人暮らし用のキッチンでは最も使い勝手や設備が充実しています。

それぞれの間取りによっても活用方法などに違いがあるものの、共通して収納の活用が大切になってきます。続いては、一人暮らし用キッチンの収納のコツをご紹介します。

一人暮らしのキッチン収納のコツ

キッチン収納のコツは、「いかに収納スペースをつくるか」という点が重要になってきます。

特に、1K・1Rの間取りの場合には、収納がほとんどないというケースも珍しくないので、収納用品などを使ってスペースを有効活用する必要があります。下記の3点の方法はどれも簡単にできる収納術なので、ぜひ参考にしてみてください。

シンク下の収納

シンク下の収納は一番大きな収納部分となりますが、1Rなどの小さなキッチンの場合には、唯一の収納であることも少なくはありません。また、中には棚などが設置されていないことがほとんどです。100円ショップなどで売っているラックやカゴなどを使って棚をつくり、鍋などの大きめなものを収納しておきたいですね。フライパンや蓋などはファイルケースで立てて収納するとスッキリとしまっておくことができます。

掛けて収納する


フライ返しやおたまなどの調理器具は、壁面などにワイヤーメッシュを設置して掛けておくと置き場所を取らず収納できます。すぐに取り出せる場所に引っ掛けておくことで、お料理も効率よく進めることができますね。もし外に出しておくことでごちゃごちゃしてしまうのが気になる場合には、シンク下収納の扉に設置しておくことでスッキリと収納することができます。

縦の空間を活用して収納

冷蔵庫ラック・電子レンジラックや3段のゴミ箱などを設置することで、縦の空間を活用して新たな収納スペースをつくることができます。コンロ・シンクの上のスペースも意外と空いていることが多いので、シンク用のラックや吊り下げて設置できるものを活用してみてもいいですね。一人暮らしのキッチンは物の置き場所に困ることが多いので、少しでも収納力のある商品を選びたいところ。

キッチン収納ができるおすすめのアイテムとは

次にキッチン収納におすすめのアイテムを5点ご紹介していきます。

冷蔵庫ラック


冷蔵庫ラックを使えば、冷蔵庫の上部の活用しづらいデッドスペースをうまく使用することが可能になります。特に狭いキッチンだと、他にワゴンやラックを置くことが難しい場合も。冷蔵庫を置くスペースさえ確保できれば、収納スペースも同時につくることができておすすめです。

隙間に置けるキッチンワゴン


キッチンと冷蔵庫の間など、ちょっとした隙間を活用できるのが、スリムなタイプのキッチンワゴン。きちんと寸法を測って、適切なサイズの収納を選ぶことが重要です。キャスター付きのものを選ぶと奥の物も取り出しやすく、使い勝手も更にUP♪

レンジ台

キッチンの広さにもよりますが、スペースに余裕がある場合にはレンジ台の設置もおすすめです。レンジだけではなく、意外と置き場所に困ってしまう電子ケトルや炊飯器、トースターなどのキッチン家電も置くことができます。ちょっとした収納が付いている場合もあるので、用途やスペースに合ったものを選んでみてください。

キッチン調味料ラック


広々とした作業スペースをつくるために、キッチン調味料ラックで細々としたものをひとまとめに収納しましょう。サイズも豊富にあるので、シンクやコンロ周りであまり場所も取らずに置くことができます。料理の最中にスムーズに取れるようにしておくことで、効率的に使うことができますね。

シンク下伸縮ラック


棚などがないシンク下を有効活用するためにおすすめなのが、伸縮可能なシンク下用のラック。横の幅を調節可能なので、置く物やキッチンのサイズに合わせて使えます。ごちゃつきがちなシンク下もこれがあればスッキリ空間に。

一人暮らしのキッチン収納実例 

それは最後に、一人暮らしのキッチン収納の実例をご紹介していきます。真似できるものがあればぜひ試してみてください。

シンク上にラックを設置して収納力抜群


シンク上用のラックを設置することで、洗ったお皿やまな板なども置くことができ、調理のための作業スペースを十分に取ることができます。吊戸棚に引っ掛けるタイプや、突っ張らせて設置するタイプなどがあるので、購入の際にはサイズと併せて設置方法も確認しておきましょう。

調味料を入れる容器は揃えてスタッキング


調味料の容器やボトルも同じもので揃えると、見た目的にもかなりスッキリします。さらに重ねて置けるタイプにすると収納スペースも取らなくなるのでおすすめ。お気に入りのもので揃えると気分も上がり、料理するモチベーションも上がりそうですね。

カゴなどの収納用品を活用

お皿などはカゴやファイルボックスを使うなどして、種類ごとにまとめて収納すると狭い収納スペースにも有効的です。大きなお皿などはファイル用のスタンドや仕切りスタンドなどを活用して、立てて収納することが場所を取らない秘訣。カゴなどに入れることで中身も見えづらくなり、見た目的にもスッキリするので、収納が苦手な人にもおすすめです。何が入っているかわからなくなることを防ぐため、入れ物にラベルを貼っておくと取り出すときに便利になりますよ。

まとめ

いかがでしょうか?
狭くて使いづらいイメージのある一人暮らし用のキッチンですが、収納をうまく活用すれば、快適に料理することができます。限られたスペースをうまく使っていきましょう。どうしてもぴったりなサイズの収納がない場合には、少しハードルは高くなりますが、自分でDIYでつくってみるのもおすすめです。もちろん市販の商品でも、スッキリと収納できるものはたくさんありますので、ぜひ自分に合ったものを探してみてください。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる