子供の作品の保管はどうしてる?捨てずに賢くとっておく方法とは
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

お子さんがいる家庭では、子供が作った作品はたくさんありますね。皆さんは、子供が作った作品をどのように保管しているでしょうか?もちろん子供が作ってくれた大切なものですから、捨てることなんて到底できませんよね。でも量が増えていくとどうやって保管していいかわからず困ることもあるでしょう。

そこで今回は、子供の作品の保管方法について、おすすめの保管方法を紹介していきます。

子供の作品にはどんなものがある?

子供の作品にはどんなものがあるのでしょうか?最初に子供の作品として代表的なものを、いくつか挙げていきます。

子供の作品として最も多いものはこれではないでしょうか?家族の似顔絵や風景画など、たくさんの種類のものがあります。絵は放置しておくと劣化してしまうので、適切な環境で保管したいものです。

作文、書道などの作品

小学校では作文や書道などの作品も多くあるでしょう。特に賞をとった作品はずっととっておいてあげたいですよね。せっかくの作品なので劣化しないように保管しておきたいですね。

オルゴール

オルゴールは小学校や中学校の卒業記念品として作られることが多いです。記念となるものですから、大切に保管しておきたいですね。

手芸品

女の子なら、手芸品もたくさんあるのではないでしょうか。例えば、ぬいぐるみやティッシュケースなどが考えられますね。

アクセサリー

ビーズなどで可愛くデコレーションしたアクセサリーも、子供が作る作品として多いでしょう。

夏休みの自由研究

自由研究の作品も代表的な子供の作品です。一生懸命作ったものならば、なおさら大切に保管したいですね。子供の成長が感じられるものなので、保管方法には気をつけたいところです。

これ以外にも、家にはたくさんの子供が作った作品があると思います。これらの作品を保管するのはとても大変なので、今回紹介するサービスを是非活用してみてください。

子供の作品の保管方法

ここからは、子供の作品を保管する方法を具体的に解説していきますね。

スクラップブックにまとめる

子供が書いた絵や作品はサイズがバラバラなので、保管しにくいと思います。そこで、よくできている部分やお気に入りの部分だけ切り取ってスクラップブックを作ってみてはどうでしょうか。スクラップブックは文房具ショップで簡単に手に入りますし、切って貼るという作業なので、お子さんと楽しみながら保管することができます。

フォトブック

一番いいのは実物で保管することですが、実物で保管するとどうしても経年劣化は避けられません。そこでおすすめなのが、データ化してフォトブックにまとめる方法です。子供の作品を明るいところで綺麗に写真を撮り、それをフォトブックにまとめるだけなのでとても簡単です。子供が大きくなったら一緒に振り返ることができるので、おすすめの方法ですよ。

バインダー

子供の作品は実物のまま残したいという場合には、バインダーを活用しましょう。クリアポケットタイプで枚数が固定されているものより、自由にクリアポケットを追加できるものを選びましょう。バインダーは子供の作品に応じて増やすことができるため、全ての作品を保管することだって可能です。

大きなボックス

たくさんの作品をまとめて保管する場合には、大きなボックスで一括管理する方法がおすすめです。この場合、たくさんの収納スペースが必要ですが、簡単に保管することができます。ボックスの種類としては、仕切りのついた書類ボックスがおすすめです。学年ごとに区切って使えば、取り出しも簡単に行えますね。

子供の作品を保管する場合には、ぜひこれらの方法を参考にしてみてくださいね。

子供の作品を保管するのにトランクルームがおすすめな理由

子供の作品を保管する場所として、自宅の押し入れや物置を使っているという方がほとんどだと思います。ですが、作品数が増えていってしまうと、保管場所に困ることはありませんか?そこでおすすめしたいのがトランクルームというサービスです。

トランクルームは、荷物を預けることができるサービスです。トランクルームを活用することで、より快適に保管することができ、家の収納スペースも節約することができます。ここでは、子供の作品を保管するのにトランクルームがおすすめな理由を3つ紹介していきます。

そのままの形で保管できる

子供の作品を保管する方法として、スクラップブックやフォトブックを利用する方法を紹介しましたが、できれば全てそのままの形で残したいと考えるのが普通でしょう。家ではスペースの関係上不可能だとしても、トランクルームを活用することで全てそのままの形で残すことができます。

経年劣化を防ぐことができる

子供の作品を普通に保管しておくと、どうしても劣化してしまいます。経年劣化を防ぐためには、湿度や温度、ホコリや汚れなど保管環境に気を使わなければいけません。トランクルームでは、湿度や温度の管理が徹底されており、自宅で保管するよりも経年劣化を防ぐことができます。

見たい時にはすぐに見ることができる

自宅で保管していると、どこに保管しているかわからなくなることもあるかと思います。トランクルームに預けることで、見たい時にすぐに取り出すことができます。宅配型トランクルームを活用すれば、指定したものだけを配送してくれるので、取り出しにかかる手間も一切かかりません。

これら3つの点から、子供の作品をトランクルームで活用するのをおすすめします。

子供の作品の保管に最適なトランクルームを比較

トランクルームを運営している会社はたくさんあり、どれを選んだらいいかわからないというのが正直なところだと思います。ここからは、子供の作品の保管に最適なトランクルームを比較して、どのサービスがいいのか考えていきます。

宅トラ

宅トラはクロネコヤマトが配送してくれる宅配型のトランクルームです。月額料金は4,980円からとなっています。おすすめポイントとしては、荷物の管理が徹底されており、安心して預けることができる点です。料金は少々高めですが、預けたいものがたくさんある場合は重宝しそうですね。

ハローストレージ

ハローストレージは日本で最も多くトランクルームを所有している会社です。屋内、屋外、バイクと3種類のトランクルームがあります。セコムやアルソックといった大手警備会社と提携していることから、24時間365日安心して預けることができます。子供の作品は劣化を防ぐために、屋内のトランクルームに保管するようにしてください。

CARAETO

CARAETOも、宅トラと同じ宅配型のトランクルームです。CARAETOは、月額500円から利用できるというリーズナブルな価格設定が売りとなっています。保管倉庫も綺麗に管理されており、最新のセキュリティシステムを導入しているため、サービスの質という面では問題ありません。荷物の管理はスマホアプリで一括管理でき、どの作品を預けているかがすぐにわかります。また荷物の出し入れを全てスマホアプリから行えるため、荷物の出し入れの手間が一切かかりません。

総合的に判断すれば、子供の作品を保管するサービスとして最もいいのは、料金も安く保管環境、セキュリティがしっかりしているCARAETOでしょう。子供の作品をどうやって保管したらいいかわからないという方は、ぜひトランクルームを活用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、子供の作品を保管する方法について解説しました。子供の作品は、思い出が詰まったものばかりなので、大切に保管したいですよね。そこでおすすめなのが、トランクルームというサービスです。トランクルームは空調設備が完備されており、適した空間で子供の作品を保管することができます。ぜひ活用してみてください。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize