収納整理整頓
パンフレットの収納に困っている人必見!最強の収納法はコレだ!
サムネイル

あなたは映画や舞台やコンサートを見に行った時、パンフレットを買いますか?大好きな俳優が出演していたり、作品に感動したりすると、つい興奮してパンフレットに手が伸びてしまいますよね。そして知らず知らずのうちに数が増え、気づいたら収納に困っていたという経験もあるかもしれません。

今回はそんなあなたに、おすすめのパンフレット収納法をご紹介します。

パンフレットの収納が大変な理由

パンフレットを上手に収納するのは意外と大変。その理由は大きく2つあります。

サイズがバラバラでかさばる

パンフレットには決まったサイズがありません。だから1冊1冊のサイズがバラバラになってしまい、収納がしにくくなります。また数冊ならそれほど困りませんが、もっと数が増えるとかさばってしまい、広いスペースが必要になります。

紙でできているため劣化しやすい

パンフレットは基本的に紙でできています。そのため、年月が経つとどうしても劣化が進みます。なるべく劣化を避けるためには、保管する場所の湿気や室温、日当たりなどに注意しなければいけません。適当に保管するとすぐに紙が汚れたり、ヨレヨレになったり、日焼けや変色を起こしたりしてしまいます。

パンフレットをコレクションとして本格的に収集している人も、軽い気持ちで集めている人も、できるならなるべくキレイなままでパンフレットを保管したいですよね。パンフレットは収納の仕方次第で、状態がまるで違ってきます。ぜひ以下の収納法を実践してみてください。

パンフレットを収納するときの基本とは?

パンフレットは裸のままではなく、常に何かに入れて保管するのが基本。もしも液体がこぼれてかかったり、ちりや埃をかぶったりしても、パンフレットを守ることができます。最も手近な方法は、パンフレットを買った時に入っていたビニール袋などにしまっておくことですが、実は他にもパンフレットの収納におすすめのアイテムがあります。

おすすめの収納アイテムと収納実例

100円ショップやホームセンターに売っているもので、パンフレットの収納に役立つアイテムはたくさんあります。以下、その中でも特におすすめのアイテムをご紹介します。

クリアファイル

パンフレットを入れる袋がない場合、クリアファイルでも代用できます。透明のクリアファイルに入れれば、ひとめで何のパンフレットなのかがわかってとても便利。クリアファイルはお近くの100円ショップで手に入るはずなので、ぜひ活用してみてください。

書類ケース

クリアファイルは便利ですが、A4サイズのものが多く、それよりも大きなパンフレットの収納には適しません。そんな時には、書類ケースがおすすめです。書類ケースはA4よりも大きなサイズに対応しているものが多く、マチもあるため、様々なサイズのパンフレットがたくさん入れられます。蓋がしっかり閉まってロックがかけられるものも多いので、蓋がうっかり開いてバラバラと散らかる心配もありません。

ファイルボックス

パンフレットを入れたビニール袋やクリアファイルは、まとめてファイルボックスの中に保管しておくのがいいでしょう。ファイルボックスは無印良品のものをおすすめします。縦にも横にも置けて、サイズも豊富なので様々な大きさのパンフレットに対応できます。ファイルボックスに収納する場合は、透明なビニール袋やファイルに入れると、中身がひとめでわかってサッと取り出すことができます。

マガジンハンガー

インテリアとしてパンフレットを収納したい方には、マガジンハンガーをおすすめします。たくさんのパンフレットを収納することはできませんが、リビングの壁などにマガジンハンガーを掛けておくことで、お気に入りのパンフレットをずっと眺めていられるというメリットがあります。

パンフレットスタンド

コンビニで無料の求人誌などが置かれている什器をパンフレットスタンドといいます。ファイルボックスなどよりも少し値は張りますが、スタイリッシュにパンフレットを飾れるアイテムです。ネットショップでは3,000円くらいから購入できます。

パンフレットの長期保管に最適な環境は?

さてここまでパンフレットの収納アイテムと収納実例をご紹介してきましたが、長期間にわたって保管する場合、最も気をつけなければいけないのは、汚れないように保管することと、湿気や日焼けによる劣化を防ぐことです。

パンフレットは紙でできているため、湿気や熱の影響をどうしても受けてしまいます。そのため、キレイな状態で保管するには、湿度と温度に細心の注意を払う必要があります。紙にとって最適な環境は、湿度が63%〜67%、温度が18度〜22度。この数値は紙を試験する環境の標準条件であり、紙が良好な状態で保管できる目安として知られています。図書館や印刷所、紙倉庫といった大量の紙を扱う場所は、この値が保たれるよう設定されています。紙は水分を含むとヨレヨレになってしまい、逆に乾燥しすぎるとパリパリとした状態となり、紙としての風合いやしなやかさを失ってしまいます。紙の水分量は5%〜7%が理想とされ、これより多くても少なくても本来の品質を保てないのです。

「CARAETO」という新しい選択肢

こうした理由から、一般的な住宅は紙の長期保管に向いている環境とは言えません。また、数が増えてかさばってきた場合には、広い収納スペースを確保する必要があるのも、自宅保管の難点です。そこで、長期間キレイな状態でパンフレットを保管したい方には、宅配収納サービスの「CARAETO」を活用してみることを、新しい選択肢としておすすめします。

CARAETOがパンフレットの長期保管に適している理由

宅配収納とは、自宅まで荷物を受け取りに来て倉庫に保管し、取り出す時も自宅まで届けてくれるサービスです。以下、パンフレットの長期保管にCARAETOをおすすめする主な理由を説明します。

空調の整った室内環境

倉庫にはハイレベルな空調設備が完備されているため、天候や季節に関わらず24時間365日、紙の保存に理想的な湿度・温度でパンフレットを保管することができます。また、直射日光の届かない室内で保管するため、日焼けによるパンフレットの劣化や変色を防ぐことも可能です。

アプリで簡単に確認できる

預けたアイテムは1箱につき30点まで高解像度で撮影され、アプリ内でアルバムのように見ることができます。アイテムごとにカテゴリを分けたり、コメントをつけたりすることもできるので、そうすればどんなパンフレットを預けたかも簡単に確認することができます。

料金はダンボール1箱月額500円

料金が高いのでは?と不安に思うかもしれませんが、CARAETOは意外なほどリーズナブル。例えば月額料金500円でダンボール1個分のパンフレットを預けることができます。手持ちのダンボールは3辺合計(縦・横・高さ)が160cm以下のものであればそのまま預けることができ、無料のCARAETO専用ボックスを取り寄せて、利用することも可能です。専用ボックスは縦48cm ・横56cm・高さ36cmと大容量なので、かなりの量のパンフレットが入ります。

まとめ

いかがだったでしょうか?かさばるパンフレットも、クリアファイルや書類ケースを使えば、散らかることなくスッキリと整理できますね。マガジンハンガーやパンフレットスタンドを使った見せる収納もスタイリッシュ。一方、紙でできているパンフレットはどうしても劣化してしまうため、長期に渡って保管する場合は、宅配収納サービスのCARAETOを試してみるのがおすすめです。パンフレットは大切な思い出。いつまでも綺麗な状態を保つため、安心できる環境で大切にしまっておきたいですね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる