収納整理整頓
パンフレットの収納に困っている人必見!おすすめの収納術はこれだ!
サムネイル

あなたは映画や舞台、コンサートを見にいった際に、パンフレットを購入していますか?見た映画や舞台、コンサートに感動した場合、ついつい買ってしまうことがありますね。そして次第に増え続け、気づいたら収納に困ってしまうことがあります。

今回は、パンフレットの収納に困っている人向けに、パンフレットの収納術を紹介していきます。

パンフレットの収納が大変な理由

パンフレットの収納はとても大変だと言われています。パンフレットを収納しておくのが大変な理由は、大きく2点あります。以下、それぞれどのような理由でパンフレットを保管するのが大変なのか説明していきます。

  • 1.サイズがバラバラでかさばる パンフレットは決まったサイズがありません。そのため、大きさがバラバラで収納しにくくなっています。また、パンフレット1つあたりの大きさは小さいですが、量が多くなってくるとかさばってしまい、収納スペースをたくさん必要とします。

  • 2.紙でできているため劣化しやすい パンフレットは基本的に紙でできています。そのため、年数が経つにつれてどうしても劣化してしまいます。なるべく劣化しないためには、保管する場所の湿度や温度に気を使わなければいけません。適当に保管してしまうと、すぐに劣化してしまうため、パンフレットは保管しにくいのです。

パンフレットをコレクションとして集めている人も、好きなパンフレットだけ集めている人も、どうせなら綺麗な状態で長い間保管したいでしょう。パンフレットは上手に保管することで、長期間綺麗な状態を保つことができるので、ぜひ今回の記事の内容を実践してみてください。

パンフレットを収納するときのコツとは?

パンフレットを収納する場合、気をつけなければいけないのは、汚れないように保管することと、湿気や直射日光による劣化を防ぐことです。

パンフレットは基本的に袋に入れて保管することをおすすめします。パンフレットを購入している時についている袋があればいいですが、なければパンフレットが入るも袋で代用しましょう。袋に入れて保管することで、何らかの理由で汚れてしまってもパンフレットを守ることができます。

最初にも書いたようにパンフレットは紙でできているため、湿度や温度の影響を受けやすくなっています。そのため、綺麗な状態で保管したければ湿度と温度に気を使わなければいけません。紙にとって保管に適している湿度と温度は決まっています。紙にとって最適な環境は、湿度が63%から67%、温度が18度から22度です。この温度と湿度は、紙を試験する環境の標準条件であり、紙がいい状態で保管できる目安として知られています。そのため、図書館や印刷所、紙倉庫といった紙を扱う場所はこの温度、湿度になるように設定されていることが多いです。紙は水分を含むとヨレヨレになってしまい、逆に乾燥しすぎるとパリパリとした状態となり、紙としての風合いやしなやかさを失ってしまいます。紙の水分量は5%から7%と決まっており、これより多くても少なくてもいけないのです。

自宅では、紙にとって最適な環境を作ることは難しいと言えます。そのため、トランクルームを活用してみるのをおすすめします。トランクルームは、天候や季節に関わらず24時間365日一定の条件でパンフレットを保管することができます。そのため、温度や湿度を紙の保管にとって最適な状態に保つことが容易にできます。さらに、屋内の倉庫を選ぶことで直射日光によるパンフレットの劣化も防ぐことができます。

トランクルームと聞くと、月額料金が高いように思われるかもしれませんが、種類によってはかなり安く抑えることができます。宅配型トランクルームは、宅配便で荷物の出し入れを行うもので、かなりリーズナブルなトランクルームです。例えば「trunk」というサービスの場合、月額料金500円でダンボール1個分のパンフレットを預けることができます。ダンボール1個ぶんと言えばかなりの量を保管できることがわかりますね。パンフレットを長くいい状態で保ちたいのならば、お金を払ってでもトランクルームを活用することをおすすめします。

パンフレットの収納におすすめのアイテム

100円均一やホームセンターに売っているもので、パンフレットの収納に役立つアイテムはたくさんあります。ここでは、その中でも特におすすめできるアイテムを5つ紹介していきます。

クリアファイル

パンフレットを入れる袋がない場合、クリアファイルでも代用できます。透明のファイルに入れれば、見てすぐに何のパンフレットなのかわかるため、透明なクリアファイルがおすすめです。クリアファイルは100円均一で購入することができるので、ぜひ活用してください。

書類ケース

パンフレットはサイズがバラバラなので、書類ケースはとても役に立ちます。クリアファイルはA4サイズしかありませんが、書類ケースは他のサイズにも対応しています。サイズの異なるパンフレットは、書類ケースを使うと便利ですよ。

ファイルボックス

パンフレット袋に入れて保管する場合には、直接ファイルボックスに入れて保管することもできます。ファイルボックスに立てて保管する場合には、背表紙でどのパンフレットか一目瞭然なので、この方法もおすすめです。

パンフレットスタンド

コンビニでタウンワークなどが置いてあるスタンドをパンフレットスタンドといいます。ここまで紹介したものよりは若干値段が高くなってしまうのですが、パンフレットを見えて収納することができるアイテムです。ネットショップでは3,000円から購入することができるので、こういった見せる収納に挑戦するもの1つの手です。

除湿剤、消臭剤

パンフレットをより快適な環境で保管するために、除湿剤と消臭剤はあってほしいアイテムです。除湿剤と消臭剤があれば、多少湿度が高い場所に置いていても本が劣化するのを防いでくれます。また嫌な臭いがパンフレットについてしまうのを防いでくれます。

パンフレットを保管する場合はぜひこれらのアイテムを活用してみてください。

パンフレットの収納実例

ここからは、パンフレットの収納実例を4点紹介します。

ファイルボックスに入れて収納

ファイルボックスは無印良品のものをおすすめします。無印良品のファイルボックスは立てても横にしても使えて、サイズも豊富なのでサイズの異なるパンフレットに合わせやすいです。ファイルボックスに収納する場合、パンフレットを透明な袋で覆い、背表紙が見えるように収納するのがおすすめです。

書類ケースに入れて収納

書類ケースもさまざまなサイズに対応しているので、パンフレットに合うサイズを見つけやすいです。パンフレット用の袋がない場合は、書類ケースに入れて収納することをおすすめします。蓋もしっかり閉まるようになっているので、蓋がうっかり開いてバラバラになる心配はありません。

マガジンハンガーにかけて収納

インテリアとしてパンフレットを収納したい場合には、マガジンハンガーにかける収納方法もあります。この場合、たくさんのパンフレットを収納することはできませんが、リビングなど目に見える場所に収納することで、好きなパンフレットをずっと見ていられるというメリットがあります。

トランクルームで収納

パンフレットを収納する方法はたくさんありますが、特におすすめなのはトランクルームを活用する方法です。パンフレットは一枚一枚丁寧に袋に入れます。それをダンボールに詰めて宅配型トランクルームに預けましょう。そのあとは、トランクルームを運営している会社がしっかり保管してくれますので、とても簡単に保管できますね。

まとめ

いかがでしょうか?
パンフレットをたくさん持っているけれど、どうやって保管したらいいかわからないという方はたくさんいるでしょう。パンフレットは紙でできており劣化しやすく、家の中で万全の状態で保管するのは難しいです。また、収納スペースも確保しなければいけないため、そういった意味でも家で保管するのは難しいでしょう。そのため、パンフレットはトランクルームで管理するのがおすすめです。トランクルームは、万全の環境でパンフレットを保管することができるため、おすすめのサービスです。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる