トランクルームに趣味の道具を預けるメリットやおすすめサービスとは
サムネイル

趣味に没頭することは生活に潤いを与えてくれますが、同時に家計を圧迫しがち。毎月趣味に使うお金をどうにかこうにか捻出している方も多いと思います。費用と同じくらい、実は圧迫されやすいのが趣味に使う収納スペースです。収集系の趣味だけではなく、決まった道具が必要となる趣味も収納スペースを占領してしまいますよね。「本当はもっと買い足したいけど、置く場所がない」と言って趣味にお金を使うのを諦めている方も少なくないのではないでしょうか。

狭い部屋や収納の少ない家でも、趣味を思う存分満喫するのはどうすれば良いのでしょうか?今回はどんな悩みを解決するため、趣味の道具を預けるのに最適なトランクルームについてご紹介していきます。

趣味にはどんなものがある?

「趣味はなに?」誰しも一度は聞かれたことのあるセリフだと思います。実際、その人を理解するにはどんな趣味を持っているのか、何に関心があるのかを知るのが1番です。中には「人に言える趣味がない」という方や「趣味と呼べる程熱中しているものがない」なんていう方もいるかも知れません。しかし、趣味に貴賤や程度の差は関係ありませんし、たとえば「週に1度楽しみにしているドラマがある」「ペットと遊んでいる時が1番幸せ」というだけでも、十分趣味と言って良いと思います。

このように趣味と言ってもその種類は実に様々ですが、主に下記のように分類できると考えられます。

収集型

キャラクターグッズや食器、バイクや洋服などとにかく何かをコレクションしたり、並べて飾るのが好きなのがこのタイプ。物によっては1番コストがかかります。

応援型

俳優やアイドル、最近ではご当地ゆるキャラなど、特定の個人やグループを応援しているタイプ。多くの場合収集型も兼ねています。

鑑賞型

演劇や映画、ミュージカルにドラマなど何らかの作品を鑑賞するのが好きなタイプ。漫画や小説もこのタイプに入ると思います。

創作型

料理や手芸、DIYなどとにかく自分で何かつくるのが好きなタイプ。このタイプは子供の頃から工作や美術が好きだった場合が多いですが、大人になってから夢中になるパターンもあります。

体験型

旅行やキャンプなど、非日常的で普段味わえないような体験をするのが好きなタイプ。アウトドア派に多いですが、フィクションを通して非日常を疑似体験するのが好きなタイプもいます。

こうざっくり分類してみましたが、当然ながらこの枠には収まらない趣味はいくらでもありますし、複数の要素を兼ねている分野もあると思います。

この中だと最初にご紹介した「収集型」が1番コストもスペースも圧迫されてしまうような感がありますが、一概にそうとも言えません。収集型と言っても「すべてを集めたい!」と思う人もいれば「気に入ったものだけを飾りたい」と思う人もいて、必ずしも莫大な資金が必要になるわけではありません。また、たとえば切手のように小さく薄いものであれば収納スペースはそれほど必要ないですよね。

とはいえ、収集癖のある方々は元から飾ったり、収納するスペースのことを考えている場合が多いです。やはり大切なコレクションですから、万が一にも傷つかないようあらかじめ考えておくのですね。そうした方々の中には、後述するトランクルームやレンタルスペースのように、自宅以外に第二の保管場所をつくるケースもあります。

一方で、意外とそうしたことを忘れがちなのがその他の趣味を持つ方々。収集型のようにたくさんの物を集めることはなくても、趣味に使う道具を一式揃えようと思ったら、それなりのスペースが必要になる場合があります。では、趣味に必要な道具とはどのようなものでしょうか?

趣味別の必要な道具とは

「趣味に必要な道具」といっても、いまいちピンとこない方も多いですよね。そこで、代表的な趣味に合わせて必要となる道具をいくつかピックアップしてみました。

キャンプ

まずはテント類の他に、リュックや快適に過ごすための椅子や寝袋、グリルや直火対応の調理器具などが必要になります。最近はテントをはじめキャンプ道具一式をレンタルでき、手ぶらでいけるキャンプ場が増えています。とはいえ、だんだんと自分の気に入るものや、「これがあればもっと快適!」と思うようなものを買い足したくなるのが人の性です。

DIY

まずは工具一式が必要となり、材料も別途用意しなければなりません。収納スペースが豊富な一軒家や、屋外に倉庫のあるご家庭なら問題ないですが、一人暮らしの賃貸物件で行うには少し難しい趣味かも知れません。

スポーツ

ユニフォームやシューズ、球技であればボール、ラケット等が必要になる場合も。楽しみながら汗を流せるだけではなく、異業種との交流の場にもなり、運動系の社会人サークルに参加している方が増えてきています。

このように、いざ趣味をはじめようと思うと時間やコストだけではなく何かと「場所」を取ることがお分かりいただけるかと思います。実際必要な道具を一式揃えたところで、ふと部屋を見回すと趣味の道具に占領されてしまっていたなんて経験をする方も少なくありません。

トランクルームに趣味の道具を預けるメリット

そこでおすすめなのが、月額定額制のトランクルームを利用することです。収集型の趣味をお持ちの方はこうしたサービスを利用している方も多いのですが、そうでない方でも大変便利に活用することができます。

トランクルームは、決まったスペースを収納庫として自由に使えるといったサービスです。これなら自宅以外に収納場所を確保できるので、部屋が散らかったり、収納スペースを圧迫してしまうこともありません。

さらに自宅付近のトランクルームや、宅配型のものを選べば取り出しも容易。第二の保管庫を持つことで、部屋をすっきりした状態にキープしつつ、趣味を思い切り楽しむことができます。部屋を綺麗に見せるには生活感を出さないことも重要なので、インテリアに凝りたい方にもおすすめできるサービスです。

趣味の道具を預けられるトランクルーム比較

実際におすすめのトランクルームをご紹介する前に、トランクルームには「屋外型」と「屋内型」、また屋内に保管する「宅配型」いくつか種類があります。高温多湿に弱いなど、空調設備が必要な場合は必ず宅配型か屋内型のトランクルームを選択するようにしましょう。

trunk

月額利用料:500円

trunkは人気の宅配型トランクルームで、月額500円からと大変リーズナブルなお値段で自分だけの保管場所を持つことができます。他のサービスと比べると借りられるスペースは狭いですが、趣味の道具を一式しまうくらいなら十分な大きさです。自宅で箱詰めするだけでOKなので、とりあえずトランクルームを使ってみたいという人にもおすすめです。

ハローストレージ

月額利用料:平均14,000円

ハローストレージは業界ナンバーワンとの呼び声も高いトランクルームの数を誇り、東京都内であればご自宅の近くに必ずといって良い程見つけられると思います。24時間利用可能でセキュリティ面も優れており、ある程度まとまった大きさのものを預けるのに向いています。利用料が少々高めなのがネックですが、予算に余裕がある方には迷わずおすすめです。

キュラーズ

月額利用料:平均17,000円

キュラーズは綺麗で清潔感のあるトランクルームで、顧客満足度の高い業者です。徹底した湿度、温度管理がなされており、繊細な道具も安心して任せられます。お値段は高めですがスタッフ常駐なのでセキュリティ面も安全です。

まとめ

いかがでしょうか?   趣味にかかるのはお金や時間だけではありません。必要な道具を一式しまっておける収納スペースを確保することで、好きな時に思う存分趣味を楽しむことができます。自宅の収納に余裕がないという方は、便利なトランクルームを利用してみてはいかがでしょうか?

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる