収納整理整頓
すごろくはトランクルームでの保管がおすすめ!その理由とは
サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

すごろくは昔から多くの人に親しまれてきているボードゲームの一つです。特にお正月は親戚の子供同士で集まり、すごろくを楽しむ家は多いのではないでしょうか。

また、子供のいる家は、普段から家にたくさんのすごろくがあり、日常的に遊びとしてすごろくを楽しんでいる場合も多いでしょう。

しかしそんなすごろくですが、数が多ければやはり管理するのも大変ですよね。今回は、すごろくの保管方法について解説していきたいと思います。

すごろくの保管に悩む理由

すごろくの保管に普段から悩まされることが多いのは、以下のような理由がまず挙げられます。

お正月など特定の時期しか使わない

すごろくを日常的に楽しむならまだしも、お正月など人が集まったときしか使わない場合は、やはり保管場所に困ることは多くなるでしょう。シーズン限定のグッズと同じで、普段使わないからこそどこに収納しておくべきか悩んでしまいますよね。

実際、家具や家電、洋服、趣味や仕事で使うものなど、家の収納スペースに保管しておきたいものはたくさんあります。正直、たまにしか使わないすごろくを保管しておくならこのスペースを他のために割きたい……と思うことは多いでしょう。

すごろくを始めとした遊びグッズがたくさんある

すごろくやトランプ、かるたやビンゴなど、皆で遊べるグッズはたくさんあります。家に子供が多い人、人からもらうことなどが多い人などは、こういった遊びグッズはたくさん持っていることでしょう。

だからこそ「クローゼットの中が遊びグッズばかりで困ってる……」というケースも多いかもしれません。

すごろくを保管するときのポイントや注意点

すごろくを保管する際は、また気持ちよく遊べるようにするためにも、以下のようなポイントに注意しておくと良いでしょう。

なるべく高温や湿気は避ける

すごろくを保管するときは、高温になる場所、湿気の強い場所は避けて保管した方が良いでしょう。すごろくは基本的に紙製品なので、高温や湿気によってカビたり、虫食いに遭ったり、変形したりする可能性があります。

例えばお正月シーズンしかすごろくを使わなかったとして、1年間外の倉庫などにずっと放置していたとします。すると高い確率ですごろくにはカビが生えているでしょうし、カビによってひどい臭いがこびりついてしまっている可能性があります。

直射日光によって色褪せする可能性に注意する

直射日光が当たるような場所に放置するのも、なるべく避けた方が良いでしょう。直射日光がすごろくに当たると、プリント部分の色褪せや変色を起こしやすくなります。

いざ遊ぼうとなったときに一部が変色していて見えない……となっては、残念ながら遊べませんよね。日光がよく当たる窓際などには放置しないことをおすすめします。

散らからないように箱にまとめておく

すごろくは、単純にすごろくとサイコロだけという場合もありますが、他にもたくさん付属のアイテムがあることもあります。適当にクローゼット等に放り込んでおくと、一部のアイテムを紛失してしまう恐れがあります。

一つのすごろくにセットになっていたアイテムは、散らからないようにしっかりまとめ、一つの箱や袋などに入れておくと良いでしょう。

すごろくの保管をトランクルームで行うメリット

すごろくを保管するなら、家の収納場所以外にもトランクルームを利用するという手もあります。

実際、家には物が溢れすぎていて管理しきれない……と困っている人も多いでしょう。そんなときは不要なものを実家に送ってしまうなどの手もありますが、家の事情的にそううまくもいかないこともあるはずです。

そんなときに外部に保管する選択肢の一つとして挙がってくるのがトランクルームです。トランクルームにすごろくを預けるのには、たくさんのメリットがあります。

安く利用できるトランクルームもある!

すごろくだけを預けたい、すごろくと一部の遊びグッズだけ預けられれば良いという人は、保管料もかなり安く済ませることができます。

トランクルームといえば「保管料が高そう」と思っている人も多いでしょう。確かに、数畳の広さのあるトランクルームの場合、保管料は毎月万単位の費用になることも珍しくありません。

しかしすごろくなどのコンパクトなアイテムを預けるなら、段ボールに入れて物を預けるタイプの宅配型トランクルームで十分事足ります。宅配型トランクルームなら、規定内の段ボールにすごろくやその他の預けたいものを入れて、宅配で送るだけです。

宅配型トランクルームの「CARAETO」の場合、毎月かかる保管料は段ボール1箱あたり500円のワンコインで済みます。すごろくなどの小さなアイテムを預ける場所としては、費用もちょうど良いと感じる人は多いでしょう。

広いトランクルームなら家のものを一気に整理できる

これを機に、広いトランクルームを借りるという選択肢ももちろんあります。広いトランクルームなら、すごろく以外にも、たくさんのものを預けられるといった強いメリットがあります。

冒頭でも触れたように、家の中で管理に困っているものは遊びグッズ以外にも多くありますよね。シーズンオフの洋服や家電などをトランクルームに預けている人はたくさんいます。

屋内のトランクルームなら環境も良い

ちなみに屋内のトランクルームなら、保管場所としての環境が良いことも大きなメリットになります。屋内のトランクルームには空調設備があり、常に温度や湿度は管理された状態です。

空調設備のあるトランクルームを選べば、預けたものを劣化させずに済むといった強い利点を感じられるでしょう。

すごろくにぴったりなトランクルームの選び方

では実際にすごろくをトランクルームに預けるとしたら、どのようなトランクルームを選ぶべきなのか、選び方のポイントを整理してみましょう。

他に預けたいものがあるかどうかをまずチェック

すごろくをトランクルームに預ける際は、まず他にも預けたいものがないかどうかをチェックしてみましょう。すごろく以外にも預けたいものがあるのであれば、量やサイズをチェックしておくことで、最適なトランクルームを選ぶことができます。

保管の予算を考える

保管の予算についてもしっかり考えてみましょう。

  • すごろくだけだから極力安く抑えたい
  • すごろく以外にも預けたいものがあるから保管料は高くなっても良い
  • 利用できるトランクルームの種類を見てから予算を決めたい

など、毎月の予算についてはそれぞれ考えがあるでしょう。

極力保管料を安く抑えたいなら、宅配型トランクルームを選ぶのがやはりおすすめです。しかしすごろく以外にもサイズの大きいものをたくさん預けたい場合は、費用がある程度高くなることを理解しておきましょう。

ちなみに屋外にあるコンテナタイプのトランクルームには、基本的に空調設備がないため、利用する際には注意が必要です。宅配型トランクルームの場合は、基本的に保管場所には空調設備があるため環境は非常に優れていて、実質屋内型と同じ環境で利用することが可能となっています。

まとめ

いかがでしょうか?
すごろくは小さなアイテムに見えて、意外と保管に困るものの一つです。その理由は「あまり使わないから」「家に遊びグッズがたくさんあるから」などさまざまありますが、もし本格的に保管に悩まされたときはトランクルームの利用をおすすめします。

トランクルームなら、すごろくを含めた私物を自由に預けておくことができます。広さのあるトランクルームの場合はすごろく以外にもたくさんものを預けられますし、コンパクトな宅配型トランクルームなどは費用が安く済むなどのメリットがあります。

ぜひ選び方のポイントを整理しながら、自分に合ったトランクルームを見つけてみてください。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて