来年も使える!お花見グッズの保管はトランクルームを利用しよう
サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

春になると、日本のあちこちで桜が咲き、あたたかな日射しのもと美味しいご飯とお酒を楽しむ風景が見えてきますね。日本の風物詩とも言えるお花見は、毎年欠かせないイベントとして楽しみにしている人も多いでしょう。

お花見に欠かせないグッズは、実はたくさんあります。しかし、これらの道具やアイテムは、お花見以外ではなかなか出番がなく、収納場所に困ることもありますよね。

出番が少ないものこそ、お手入れや保管はきちんと行いたいものです。長く良い状態で使うためには、適した環境で保管する必要があります。

今回は、お花見グッズの保管に悩む理由と注意点、おすすめの保管場所についてご紹介します。

お花見グッズにはどんなものがある?

お花見を楽しむ方法は人それぞれ。シンプルにベンチに腰かけて、しばし眺めて楽しむ人もいれば、前の日から場所とりをして1日中大勢で楽しむ人もいるでしょう。

一般的に、お花見グッズとしてよく使用されるものの例を見てみましょう。

  • レジャーシート
  • クーラーボックス
  • 重箱
  • 紙皿、コップ、割り箸などのカトラリー
  • BBQコンロ・グリル、炭、網
  • アウトドアテーブル
  • クッション
  • チェア
  • 膝掛けなどの防寒具
  • ランタン、ランプ
  • ウェットティッシュ、ごみ袋など

これらはほんの一部かもしれません。夜のお花見にはランプ等の照明器具や防寒用品が不可欠になりますし、BBQを行うのならコンロやグリルなど、それぞれの状況に応じて必要なものは変わってきますね。

お花見グッズの保管に悩む理由

キャンプ用のアルミテーブルやチェアはコンパクトに収納できるとはいえ、これらのグッズをまとめるとかなりの荷物になります。特に年に1度、お花見の時にしか出番がない場合は、1年のほとんどを自宅の収納スペースに入れっぱなしということになりますね。

お花見グッズの保管に悩む人の多くは、収納場所の確保に困っています。使用頻度の低いグッズで貴重な収納スペースを占拠していては、他の収納したいものが十分に入らないと、モヤモヤしている人の多いのではないでしょうか。

さらに、お花見グッズを見てみると、使い捨てのもの以外は布製、ビニール製、アルミ製など、素材はさまざま。レジャーシートやキャンピングチェア、クッションなどは、素材によってはカビが生える可能性があるため保管にも注意が必要です。

お花見グッズに適したトランクルームを選ぶポイント

トランクルームは、荷物を預けるための収納サービスです。一軒家に似た建物のなかに、いくつもの収納スペースを設けているところや、ビルをまるごとトランクルームとして運用しているところなど、様々です。

出番の少ないお花見グッズなどのアイテムは、トランクルームに預けると便利です。トランクルームに預けることで、自宅の収納スペースが空き、より使用頻度の高いものを自宅でスッキリと収納しながら過ごすことができます。

さらに、カビの発生予防のために行う湿気対策を自宅で行うことが難しい、あるいは自信がないと感じる人は、トランクルームに預けることで安心感が得られるかもしれません。

トランクルームを選ぶ上での判断ポイント

トランクルームは、それぞれサービス内容や保管環境が異なります。料金の手頃さや、自宅から近いなどの理由だけで判断するのではなく、預けたい荷物の保管環境として適しているか確認することが大切です。

特に、トランクルームを利用する上で見ておきたいのが、空調・湿気対策とセキュリティ、便利なオプションサービスの有無でしょう。

温度・湿度対策は必要?

カビの被害から守りたいものを保管する場合は、湿気対策が必須です。たまに、屋外コンテナ型のトランクルームで衣類を保管していて、久々に取り出したらカビが生えて使い物にならなくなった、という失敗を耳にします。これは、湿気対策が十分でなかったことが原因と考えられます。

カビはいろんなものに生えます。長い期間保管したまま放置しがちなものは、保管環境の湿気対策が肝心。トランクルームを選ぶ際にも、湿気対策が行われているかどうかは、預けるアイテムによって大きな判断ポイントになります。

屋内倉庫のトランクルームであっても、温度・湿度が常に管理されているところと、そうでないところがあります。温度や湿度の影響を受けにくいものを預ける際はあまり気にしなくても良いかもしれませんが、カビが生えるおそれのあるものや熱に弱いものを保管する際は注意しましょう。

お花見グッズをトランクルームに預ける際は、素材によってはカビの生えやすいものもあるため、湿気対策が万全のトランクルームがおすすめ。もちろん、湿気対策が万全でも、保管前のお手入れが不十分な場合、カビが生える可能性はあります。保管前は、きちんと汚れを落として、よく乾燥させてから預けましょう。

お花見グッズの保管に最適なトランクルーム3選

それでは、お花見グッズの保管におすすめのトランクルームを見てみましょう。

キュラーズ

ビル一棟がまるごとトランクルームとなっており、従来のトランクルームのイメージとは違い、明るく清潔、気持ち良い空間が特徴的です。セキュリティや収納環境はビルまるごと管理されているため、どのお花見グッズを預けても安心です。

24時間出し入れ自由という点も、多くの人に利用される理由のひとつ。特に、大きめのお花見グッズを預けたい場合や、頻繁に出し入れしたい人には特におすすめです。

ハローストレージ

ハローキティのマークが目印の、トランクルームです。一軒家型の屋内収納スペースは、随所に続々とオープンしているため、近隣で店舗を探したい人に便利です。

荷物の運搬に困った時も、ハローストレージなら安心です。運搬サービスを利用すると、自家用車を持っていなくても大きめのお花見グッズを預けることができます。

CARAETO

月額500円(段ボール1箱)で利用できるリーズナブルな宅配型トランクルームです。アプリで集荷や取り出しが依頼できるなど、利便性が高いのが特徴。自分で荷物を運搬する手間がなく、移動費や駐車場代などの節約になります。

CARAETO専用の段ボールサイズは3辺が140cm。自分で段ボールを準備すると、3辺160cmまでOKです。こまごましたお花見グッズがまとめて収納できる、ゆとりのある大きさですね。

CARAETOでは、預けた荷物を写真でデータ化して管理されます。何を預けたのかわからなくなった時は、アプリから簡単に確認することができ便利です。1アイテムから指定して取り出すことができるため、たとえばレジャーシートだけ、重箱だけ、といったように、好きなタイミングで出し入れすることができます。

CARAETOが選ばれる理由のひとつに、シンプルな料金設定もあげられます。預けた月に、預けたぶんだけしか料金が発生しないため、とてもシンプルで経済的。予算控えめに、少量の荷物でも預けやすい点が魅力です。

まとめ

今回は、お花見グッズの保管方法やおすすめの保管場所についてご紹介しました。トランクルームは、季節ものの衣類や、大事な本、増えていく趣味道具やコレクションなどを保管する場所として、注目を集めています。

空調や湿気対策万全のトランクルームは、お花見グッズを含め大事なものを適した環境です。段ボール1箱単位、ワンコインで利用できる宅配型トランクルームは、特に多くの人が利用しやすいサービスで注目を集めています。

保管場所に困っている方は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて