収納整理整頓
うがい用コップを清潔に保つ収納方法とは?
サムネイル

外から帰ったあとや歯を磨いた後に、うがいをするコップを使われる方も多いですよね。大人になってからは手を使ってうがいをするという方もいらっしゃいますが、お子様のいる家庭ではお子様が使うからと洗面所にコップが置いてあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなうがい用コップを清潔かつスマートに収納する方法をご紹介いたします!

うがい用コップの収納に悩む理由

うがい用コップの収納に悩む理由として一番に挙げられるのが衛生面です。コップに入った水を口に含むわけですから清潔に保ちたいのは当然ですよね。菌やカビが繁殖したコップの水を口に含む……考えるだけでとても恐ろしいです。

もう一つの理由がスペース問題です。一人暮らしの方やお子様のみうがい用コップを使用するご家庭などは1つでいいのでスペースをあまりとりませんが、家族全員がコップを使用するご家庭はコップだけでもかなりのスペースをとられます。

このような悩みを解決できる収納方法があるといいですよね。

うがい用コップを収納するときのポイント

うがい用コップを収納するときのポイントはズバリ衛生面です。うがい用コップの収納に悩む理由でもありますが、やはり衛生的に保つことで菌やカビの繁殖を防止することができます。コップについた菌が原因で引き起こす病気もあるので気をつけたいですね。

うがい用コップを清潔に保つ方法

[1] 使用後はかならず水気を拭き取る
うがい用コップを使用した後そのままコップを自然乾燥させていませんか?毎度毎度コップの水気を拭き取るのは正直手間です。しかし菌やカビは湿度の高いところに生息するため、濡れたまま放置しておくことで菌やカビが繁殖しやすくなります。使用後は清潔な布で水気を拭き取り、風通しの良いところに置きましょう。

[2] 定期的に洗浄する
綺麗な水をコップに入れているため洗う必要はないのでは……。そんなわけはありません。必ず定期的に洗浄しましょう。洗浄方法は食器用洗剤で洗うのではなく、うがい薬やマウスウォッシュなどを使用します。うがい薬やマウスウォッシュは口内細菌を殺菌してくれる働きがあるため、コップについたものも殺菌してくれます。

熱湯細菌という方法もありますが、うがい用コップは基本的にプラスチック製品のものが多く、熱湯を注いでしまうと変形したり傷をつけてしまう恐れがあるためあまりおすすめはできません。

ちなみにうがい薬やマウスウォッシュの洗浄は歯ブラシにも有効なため、うがい用コップを洗浄した際は歯ブラシも一緒に洗浄してみてはどうでしょうか。うがい用コップも歯ブラシもつけておくだけでOKです。洗浄後も必ず水分は拭き取るようにしてください。

[3] 定期的にコップを代える
洗浄で清潔に保つことはできますが、やはり限界があります。三ヶ月に一度、半年に一度でもいいです。コップ自体を代えてみましょう。毎日使用するものなので、新しいものに代わるだけで気分転換をすることもできますよ!

うがい用コップ収納のおすすめアイテムとは

地味にスペースをとるうがい用コップ。収納には悩みますよね。実はうがい用コップを清潔に保ちつつスマートに収納できる専用アイテムも販売されています。値段は全て3,000円以下ととても購入しやすいお手頃価格なので収納に困っている人はぜひご検討ください。では、それらをご紹介いたします!

2wayで便利!「YAMAZAKI タンブラー付き2way歯ブラシスタンド

歯ブラシスタンドですが、うがい用コップも一緒に収納できる優れものです。歯ブラシスタンドには吸盤がついているため立てても倒れず、鏡などにくっつけて使うこともできます。色もホワイト・ブラックの2色から選ぶことができるため洗面台の雰囲気に合わせることが可能!さらにコップがついているのでお得です。

タイルや鏡にくっつけ収納!「SANEI はみがきコップ

このアイテムは、コップそのものに吸盤がついています。タイルや鏡などに直接くっつけることができるためコップの底に水がたまらず、水回り独特のヌメりを避けることができます。

ホテルのようなおしゃれさ「オバラ住設 ダブルコップホルダー

壁にビスで固定し取り付けるタイプのホルダーです。シンプルですがクロムメッキで作られており、実際に欧米、アジアのホテルなどでも使用されているとてもおしゃれな品。コップの数も2つ収納できるのが便利です。

ヌメり防止ができる優れもの!「ウエルスジャパン ハブラシ・コップかける君

吸盤タイプのハブラシ・コップかける君。コップを逆さにかけるのでコップの底のヌメりを防止し、乾燥できます。2個入り、4個入りが販売されており、引っ付いた状態で販売されているのでコップをかけるときはカッターで切り離す必要があります。

また通常のハブラシやコップだけでなく、電動歯ブラシやカミソリまでかけることができるので浴室で使用することも可能です。家族で使ってもコップが触れ合うことがないのでとても衛生的です。

とにかく吸い取る!「like-it 衛生的に使えるうがいコップと珪藻土トレー

最近話題の珪藻土(けいそうど)を利用したコップ収納アイテムです。珪藻土は吸水性や速乾性があるため短時間で水気をとってくれます。清潔に保つために水気を拭き取る必要がありますが、忙しい朝などどうしても水気を拭き取ることができない……そんな方におすすめなのが珪藻土の上にコップを置くタイプのこちらの商品です。

うがい用コップの収納アイデアを紹介

最後に、収納アイテムが手に入らなかった方や出来るだけ安く済ませたい方におすすめの、うがい用コップ収納アイデアをご紹介いたします!

フックを活用し掛けるだけの簡単収納

100円ショップでも手に入るフックにコップをかけるだけの方法です。フックの使用はタイルや鏡、扉などにもくっつけれる吸盤フックや、タオル掛けなどに掛けるS字フックなど貴方の洗面台に合うフックを使用するとよいでしょう。

100円ショップでは一つに数個入っているものが売られているので、家族全員分を収納するにも100円で済むのでお得ですね。

簡単なDIYで即座に出来る!タオル掛けでコップ収納

フックと同じく100円ショップにはタオル掛けも販売されています。タオルを数枚かけることのできるタオル掛けは奥行きがあるので、壁に取り付けると簡単に棚になりコップを置くことができます。さらに歯磨き粉や歯ブラシ置きなどもまとめて置けるのでスペースの節約にもなります。

磁石を貼り付けるだけの簡単収納

コップ本体とコップを貼り付けたいところに磁石を貼ることでくっつきます。コップの底や側面に磁石を貼れば、専用アイテムである吸盤付きコップのような役割をしてくれます。吸盤をコップに貼りつけるのは難しいですが、磁石なら両面テープや接着剤で貼り付けることができるので簡単DIYができます。

清潔かつ楽ちん!紙コップを使い捨て

収納アイデアではないですが、紙コップを使用し毎回使い変えることで清潔に保つことができます。デメリットとして費用がかかりますが、紙コップホルダーなども販売されているのでおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
大人だけではなくお子様も使用するうがい用コップは出来る限り清潔に保ちたいものですよね。専用の収納アイテムを使ったり、専用でなくともアイデアを生かした方法で収納することで清潔かつスマートに保つことができます。

人数分のコップを収納するとなるとスペースが必要になりますが、たくさんの菌が付着しているコップを共有するのは衛生的によくありません。スペースを確保し、1人1つ、綺麗なうがい用コップを使用しましょう。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる