しっかりケアで長持ち!ウインドブレーカーの保管方法について
サムネイル

ウインドブレーカーとは、風冷えを防ぐ目的で着用する衣服で、スポーツや登山などでもしばしば活用されています。ウインドブレーカーは雨に濡れることが多い衣類であるため、長くいい状態で使用するためにはしっかりとしたメンテナンスや保管が重要になります。

そこで今回は、ウインドブレーカーを長く持たせるために行うべきお手入れ方法と保管方法を紹介したいと思います。ウインドブレーカーのお手入れや保管に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ウインドブレーカーの保管に気をつける理由

ウインドブレーカーは保管に気をつける必要があるアイテムです。ここでは、ウインドブレーカーの保管に気をつける3つの理由を紹介したいと思います。

理由1:高価なアイテムだから

ウインドブレーカーは、長期間使用することの多いアイテムです。そのため性能に優れたものが多く、価格も他の衣類に比べて高めに設定されています。高価なアイテムなので簡単に買い換えることができません。劣化させて着られなくなってしまったなんてことを避けるためにも、保管方法に気をつけなければいけなりません。

理由2:保管環境によっては劣化してしまうから

ウインドブレーカーの素材であるナイロンやポリエステルは、湿気に弱いという特性を持っています。そのため、湿度が高い場所に長い期間保管してしまうと、すぐに劣化してしまいます。保管環境を気にする必要があるため、それだけ保管も難しくなってしまいます。

理由3:天敵が多いから

ウインドブレーカーは天敵となるものが多いアイテムです。ダニやノミは虫食いの原因になりますし、カビによる被害も受けやすくなっています。また直射日光を当ててしまうと、日焼けや変色などの被害を受けてしまうことになります。このようにウインドブレーカーは天敵となるものが多いので、それだけ保管にも気をつけなければいけません。

上記3つの理由から、ウインドブレーカーは保管に気をつけなければいけないアイテムだと言えます。

ウインドブレーカーの正しい保管・お手入れ方法とは?

ウインドブレーカーを長くいい状態で使用するためには、適切なメンテナンスを行い、適切な環境で保管することが大切です。ここからはウインドブレーカーのお手入れ方法と保管方法について解説したいと思います。

ウインドブレーカーのお手入れ方法

ウインドブレーカーは、たくさんの汚れが付着しているので、使用後はしっかりと洗濯することが大切です。一般的なウインドブレーカーは自宅の洗濯機で洗うことができるため、ここでは自宅の洗濯機を用いたお手入れ方法を紹介します。

ウインドブレーカーを洗う際は、まず洗濯表示を確認するようにしましょう。水洗いできるマークはあるのか、手洗いする必要はあるのかなど表示に従って洗濯してください。

洗濯機で洗うことができる場合には、普段の洗剤ではなくおしゃれ着用洗剤で洗濯します。以下洗濯機で洗う手順を紹介します。

1、 ネットに入れる
ウインドブレーカーは綺麗に畳んでネットに入れて洗濯します。
2、 中性洗剤で洗濯する
中性洗剤を入れ、ドライコースなど優しく洗えるモードで洗濯します。
3、 脱水の前に取り出す
ウインドブレーカーは水をたくさん吸収するものではないため、脱水を行う必要はありません。
4、 干す
ウインドブレーカーを干す場合には、直射日光には当てず、陰干しで乾かしましょう。

ウインドブレーカーに汚れが付着したまま保管してしまうと、カビやダニが発生する原因になってしまうので、上記の手順でしっかりお手入れを行いましょう。

ウインドブレーカーの正しい保管方法

ウインドブレーカーを保管する際のポイントは、以下の3点です。

  • 湿度や温度に気をつける
    ウインドブレーカーを保管する際には、湿度や温度の管理が重要です。高温多湿の環境でウインドブレーカーを保管してしまうと、保管している間に劣化してしまうリスクが高くなるので、温度や湿度の管理ができる場所に保管しましょう。

  • ホコリに気をつける
    ホコリがウインドブレーカーに付着したまま長期間保管してしまうと、その箇所からカビやダニが発生してしまいます。そのためホコリがなるべく少ない場所に保管する必要があると言えます。

  • 直射日光に気をつける
    ウインドブレーカーは直射日光に気をつけて保管しなければいけません。直射日光を長時間当ててしまうと劣化の原因となってしまうので、直射日光が当たらない場所に保管するようにしましょう。

  • ウインドブレーカーを正しく保管するためには、しっかりお手入れを行い、温度や湿度、ホコリ、直射日光に気をつけて保管するようにしましょう。

ウインドブレーカーの保管にトランクルームがおすすめな理由

ウインドブレーカーの保管にはトランクルームというサービスが非常におすすめです。ここからは、ウインドブレーカーの保管にトランクルームがおすすめできる理由を3つ紹介したいと思います。

エアコン設備で温度管理・湿度管理ができる

屋内型トランクルームや宅配型トランクルームには、空調設備としてエアコンが設置されているサービスが多くあります。その場合、適切な湿度や温度でウインドブレーカーを保管することができます。

直射日光を避けて保管することができる

屋内にある倉庫で荷物を保管するタイプのトランクルームでは、直射日光を避けてウインドブレーカーを保管することができます。直射日光によってウインドブレーカーは劣化しますので、トランクルームは最適な保管場所だと言えます。

清潔な環境で保管することができる

トランクルームは清掃が行き届いているサービスが多くあります。そのため、ホコリによるウインドブレーカーの劣化リスクを最大限抑えることができます。

上記3つの理由から、トランクルームがウインドブレーカーの保管に最適な空間だと言えます。ウインドブレーカーの保管に悩んでいる方は、ぜひ活用してみてくださいね。

ウインドブレーカーの保管に最適なトランクルームの条件

先ほど、ウインドブレーカーの保管に最適な空間をトランクルームだと紹介しましたが、全てのトランクルームがウインドブレーカーの保管に向いているわけではありません。

ウインドブレーカーの保管に最適なトランクルームは、以下の条件を全て満たしている場合です。

  • 温度・湿度管理ができていること
  • 屋内にある保管倉庫で荷物の保管をしていること
  • 清掃が行き届いていること

ウインドブレーカーの保管に最もおすすめできるトランクルームは、株式会社トランクが運営している宅配型トランクルームの「trunk」です。trunkは、先ほど挙げた3つの条件を全て満たしており、さらに月額500円から利用することができます。

数あるトランクルームサービスの中でも、trunkはコストパフォーマンスに優れたサービスだと言えますので、ウインドブレーカーの保管場所に悩んでいる方は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか?
今回はウインドブレーカーの正しいお手入れ方法・保管方法について詳しく解説してきました。ウインドブレーカーはレインコートとしても、防寒着としても、トレーニングウェアとしても利用できる使い勝手のいいアイテムです。しかし保管環境によってはすぐに劣化してしまうアイテムでもあります。

今回紹介したように、トランクルームを活用するとウインドブレーカーを正しく保管することができますので、ぜひ実践してみてくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる