収納整理整頓
賃貸でも大丈夫!かんたんにできるキッチン収納とは
サムネイル

賃貸マンションやアパート等で、キッチンの収納方法に困っている人は多いでしょう。特にワンルームや1Kなどの狭い賃貸物件では、キッチンは作業するのにも困るほどの狭さです。

そのため賃貸物件では「キッチン狭いし料理したくない……」といった悩みやストレスがありがちです。賃貸のマンションやアパート等でストレスを感じることなくキッチンで料理を楽しんでいくためには、収納や片付けの工夫をしていくことが大切なポイントになります。

そこで今回は、賃貸のキッチンでも快適な収納を行うためのアイテムや、収納実例をご紹介します。

賃貸でのキッチン事情

アパートやマンション等の賃貸物件は、キッチンがかなり狭い作りになっていることが多く見受けられます。

家族が住むような1LDK以上の間取りならまだしも、1Kやワンルームの場合は狭いシンクと一口だけのコンロがあるだけ……といった作りが多いものです。食器や鍋などを収納する棚も少ししかありません。

そのため狭い賃貸の部屋では、キッチン周りの収納や作業スペースの狭さに悩まされがちです。特に料理を積極的にしたい人にとっては、非常に大きな悩みの種になるでしょう。

また、築年数の古い団地や社宅は、そもそもキッチンの作りが古いことも多いです。そこまで狭くなくても、古くて汚いキッチンでは料理のモチベーションもあまり上がらないですよね。

狭くて使いにくい、古くてテンションが上がらない……そんな賃貸ならではのキッチンを、おしゃれに且つ使いやすく利用していくためには、収納をうまく工夫していくことが大切です。

狭い!古い!そんなキッチン収納のコツ

「狭い……」「おしゃれじゃない……」といった点が気になりがちな賃貸物件のキッチン。狭くても使いやすい、古くてもおしゃれなキッチンを作るためには、以下のようなポイントに気をつけてキッチン収納にアイデアを盛り込んでいくと良いでしょう。

収納場所がないなら「作る」のが基本


狭いキッチンは、とにかく収納場所が少ないのが難点になります。狭いと乱雑にキッチン用品を置くことが増え、ますますキッチンは作業しづらい場所になっていきます。

収納場所が少なくて物が置けないのなら、収納場所を自分で作っていくことをまずは考えていきましょう。手間のかかるDIYはしなくても、突っ張り棒や100円ショップなどで手に入るラックなどを使えば、意外と収納場所は簡単に増やせます。

そもそも賃貸物件では簡単にDIYもできないでしょうから、簡単に揃えられる収納グッズや役立ちアイテムを活用し、収納場所を作っていく工夫をすることをおすすめします。

おしゃれな収納アイテムやインテリアグッズは積極的に活用


古臭くてつまらないキッチンでも、おしゃれな収納アイテムを積極的に活用するだけで見た目の印象は大きく変わります。例えば同じ柄の収納ボックスがいくつも並んでいるだけで、整理整頓されていて、かつおしゃれなキッチンに見える印象はありますよね。

古いキッチンをおしゃれに仕上げるためには、収納アイテムもなるべくおしゃれなものをチョイスしていくと良いでしょう。また、賃貸でも使いやすい、貼ってはがせるタイプのリメイクシートなどを活用するとよりおしゃれにキッチンを飾ることができるはずです。

狭くて古いキッチンでも使える!おすすめ収納アイテム

では、実際に賃貸の部屋のキッチンで収納を工夫するとき、活用できる収納アイテムを見ていきましょう。利用方法を工夫するだけで、狭いキッチンにたくさんの収納場所を用意することができます。

突っ張り棒


突っ張り棒は幅広く活用できるアイテムの一つです。狭いキッチンの上部に突っ張り棒を設置すれば、S字フックを使って吊り収納が可能になります。お玉や菜箸、鍋掴みなど、さまざまなキッチン用品を引っかけておくことができるため、壁というデッドスペースを使った収納になります。

また、シンクやコンロ下の戸棚の中でも突っ張り棒は活用できます。突っ張り棒はあらゆる場所で収納場所を作ることができるため、キッチン収納を工夫する際は、いくつか揃えておいて損はないアイテムになります。

ワイヤーネット


ワイヤーネットも多くの場所で活躍する収納アイテムです。ワイヤーネットを吊るせば、そこにはたくさんのアイテムを引っかけておくことができます。突っ張り棒と同じく壁を使った収納です。

100円ショップなどで簡単に用意できるアイテムなので、ぜひ狭いキッチンでは積極的に活用していきましょう。

コの字ラック


コの字ラックなら、スペースが余りやすい戸棚の中にも収納場所を増やすことができます。高さがあれば鍋を下部と上部にそれぞれ置くことも可能です。

木目調のおしゃれなラックもありますし、100円ショップなどで手に入るものなら折りたたみできるプラスチック製のラックもあります。

吊戸棚下ラック


吊戸棚の下にラックを設置し、さらに収納場所を用意するという手もあります。簡易的なものはリーズナブルな価格で手に入りますし、しっかりとした作りのものなら布巾掛けなどもついていてとても便利です。
おすすめアイテム:キッチン吊り戸棚下ラック

水切りラック


狭いシンクで洗い物のストレスを軽減するためには、水切りラックを使って水切り+食器の収納をしやすくすると良いでしょう。シンクの幅に合わせて調節できます。
おすすめアイテム:杉山金属 シンク上部ラック

狭くて古いキッチンの収納実例

狭くて古いのが難点になりがちな、賃貸物件のキッチン。しかし収納の方法にアイデアを加えれば、おしゃれで使いやすいキッチンを作ることができます。最後にその実例を見てみましょう。

突っ張りワイヤーネットで収納場所を用意


キッチン周りではなく、あえてキッチン近くの壁を使って収納場所を設けるという手もあります。突っ張りワイヤーネットなら、壁に大きく引っかけるスペースを作ることができるため、鍋やお玉などのキッチン用品もすべて吊るしておくことができます。

突っ張り棒+布でハンモックを作る


おしゃれな収納アイデアとして活用できるのは、突っ張り棒と布を使ったハンモック収納です。まず支えとなる突っ張り棒を二つ用意して設置し、布を渡してハンモックを作ります。

その上に鍋やフライパンなどのキッチン用品を収納するととてもおしゃれに仕上がります。キッチンの上部になる分、隠す収納にもなるでしょう。突っ張り棒も布も100円ショップで購入できるため、非常にリーズナブルにおしゃれな収納を作ることができます。

コンロカバーを使いコンロ上も活用する


コンロカバーを使えば、コンロを使っていない時はコンロ上も収納場所として活用できます。物が多いときはやはり作業がしづらくなってしまうのが、狭いキッチンのネックなポイントです。

また、コンロカバーを日常的に使うようにすれば、コンロ自体が汚れるのを防ぐことにも繋がります。

デッドスペースにはキッチンワゴンを使う


棚と棚の間など、空いている狭いスペースで使えるスリムなキッチンワゴンも非常に便利です。賃貸の部屋のキッチンは狭いので、全て戸棚やコンロ周りに収納することは考えないようにすると良いでしょう。

ワゴンは2段~3段のものが多く、調味料やキッチン用品などさまざまなものを収納しておくことができます。

まとめ

いかがでしょうか?
マンションやアパートなどの賃貸物件は、狭くて古いキッチンが収納を常に悩ませます。狭いこと、おしゃれでないこと、それは料理や洗い物などの作業をするモチベーションも奪っていくでしょう。

ストレスを少しでも軽減し、賃貸でもキッチンを快適に使っていくためには、キッチンの収納を工夫することが大切です。収納に使えるアイテムや、デッドスペースを活かしたアイデアを参考に、賃貸でも使いやすくおしゃれなキッチンをぜひ作っていきましょう。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる