収納・保管しづらいトートバッグのおすすめ保管方法
サムネイル

軽くてたくさん入るトートバッグは、通勤・通学で活躍するだけでなくエコバッグやサブバッグ代わりにもなる優れもの!年齢性別問わず、1人1つはトートバッグを持っている印象がありますよね。そんなトートバッグですが、買ったはよいものの収納場所に困っているという方も少なくありません。

そこで今回は、トートバッグのおすすめ収納方法や、増えすぎたトートバッグをすっきり収納するコツをご紹介していきます。トートバッグを愛用している方も、これから買う予定の方もぜひ参考にしてみて下さい!

トートバッグの保管に悩む理由

とっても便利なトートバッグですが、なぜ保管方法に悩んでしまう方が多いのでしょうか?

大きさがあるのでクローゼットを圧迫してしまう


トートバッグはA4サイズのファイルも余裕で入る商品が多いですよね。それが便利な理由でもあるのですが、大きさがある分クローゼットを圧迫してしまいます。特に1人暮らしの方は備え付けのクローゼットが小さいことも多いので、洋服やその他のファッションアイテムと一緒に収納しようとすると、かなりスペースを取ってしまうのです。

布製の薄いトートバッグであればあまりかさばりませんが、マチがしっかりしているタイプだと重ねて置くのも難しいですよね。

ハンガーラックにかけるのにも不向き


バッグをハンガーラックにかけて「見せる収納」をしている方も多いと思います。しかし、トートバッグは面積が大きい分、お部屋で存在感を放ちすぎる傾向があります。ミニバッグや小さ目のショルダーならインテリアの邪魔になりませんが、トートバッグはあまり飾るのに向いているバッグとは言えません。

便利なのでつい新しいバッグを購入してしまう


トートバッグは何かと使い勝手が良いので、つい色々なサイズ、デザインの商品を集めてしまいがち。家族と一緒に住んでいる方だと、家にトートバッグが5つ以上あるという方も少なくないのではないでしょうか?

また、バッグはコーディネートのワンポイントにもなるため色々なサイズやカラーが欲しくなるもの。「いつか役立つかも」と、捨てずに取っておいていたくなりますよね。そうすると結果的にどんどんトートバッグが増えていってしまい、収納場所に困ってしまうことに。

様々な材質があるので保管方法を迷ってしまう


トートバッグはナイロンやレザーなど、実に様々な材質の商品があります。実は服やバッグは材質ごとにベストな保管方法が異なり、誤った方法を続けていると型崩れや劣化を速める原因にもなってしまいます。トートバッグをいくつか所持している方だと、こうした材質ごとの違いに戸惑い、保管場所に困ってしまうことも。

トートバッグのおすすめ保管方法

つづいては、トートバッグの保管アイデアをご紹介していきます。自宅でトートバッグの収納に困っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

ブッグエンドやファイルボックスで自立させる


バッグ収納で1番困るのが、柔らかい素材で自立しないタイプのトートバッグなどです。折り畳むとしわがつきそうですし、そのままにしておくと型崩れが気になりますよね。

そこで活躍するのが「ブックエンド」です。本来は本棚で本を支えるためのアイテムですが、バッグを自立させたい時にも大変便利!棚やケースにブックエンドをいくつか設置し、間にバッグを置いていけば簡単に自立してくれます。

また、サイズ違いのバッグを保管したい時にはファイルボックスが一役買ってくれます。クローゼット内に適当な棚やケースがない方にもおすすめです。

クローゼット内にジョイントバッグハンガーを取り付ける


ジョイントバッグハンガーとはバッグハンガーを連結させることで、複数のバッグを縦にひっかけて収納できる便利なアイテム。ハンガー1つ分のスペースでたくさんのトートバッグを収納でき、一目でどのバッグか分かるためコーディネートもしやすくなります。ジョイントの数を調整できるタイプも多いので、お手持ちの個数に合わせて収納スペースを確保できますよ!

クローゼット扉の内側を活用


「クローゼットがパンパンで余裕がない!」という方は扉の内側を有効活用してみましょう。内側にフックやハンガーを取り付ければ簡単に収納スペースのできあがり!ただし扉のサイズによっては、大きめのトートバッグの収納には不向きなので注意してください。

しばらく使わないトートバッグは不織布袋へ!


季節感のあるトートバッグや、めったに使わないものがあるなら不織布袋を手に入れましょう。不織布とは繊維を絡め合わせてつくったシート状の布で、通気性に優れているので長期保管にも最適なアイテム。湿気によるカビから大切なバッグを守ってくれます。

様々なサイズを取りそろえておくと便利ですが、それほど使用頻度がないなら1番大きなバッグが入るサイズを数枚買えばOK。小さ目のバッグに使う時は、袋の口を折りたたんでクリップ等でとめれば問題ありません。

トートバッグの保管にトランクルームがおすすめな理由

ここまでトートバッグのおすすめ収納方法をご紹介してきましたが、そもそも保管スペースが足りないという方も少なくないのではないでしょうか。衣類関係はただでさえかさばりますし、単身者向け住宅だとクローゼットが小さいことも多いですよね。

実家に送ったり、思い切って処分するというのも1つの手ですが、今回おすすめしたいのがトランクルームでの保管です。トランクルームは簡単に言うと、荷物を預かってくれるサービスのこと。最近は少数から預けられる清潔なトランクルームが増えているので、部屋に入りきらない衣類やファッションアイテムを預けて「第二のクローゼット」としている方も多くいます。

値段がリーズナブルなサービスも多いため、売り買いを繰り返してしまうよりもよっぽど経済的と言えます。また、温度・湿度管理が行き届いているところを選べば湿気やカビも怖くありません。自宅に長期間保管しておくよりも、トランクルームに預けた方がバッグにとっても優しく、大切なアイテムを長持ちさせることができるのです。

トートバッグの保管に最適なトランクルームとは

最後に、トートバッグの保管に最適なトランクルームをいくつかピックアップしたいと思います!

trunk

trunkは保管サービスの中でもとりわけ便利な宅配型トランクルームの1つです。一般的なトランクルームは物を出し入れする時に現地まで直接赴く必要がありますが、宅配型トランクルームなら預ける時も引き出す時も、宅配便が自宅まできてくれるのでとっても便利!

さらにtrunkは預けたアイテムを1つ1つアプリ上で管理できるので、使いたいバッグをいつでも手軽に引き出すことができます。もちろん温度・湿度管理も行き届いているので、バッグを劣化させてしまう心配もありません。

値段も月々500円(段ボール1箱)と大変リーズナブル。トートバッグだけのために高いトランクルームを借りられない……と悩んでいる人にぴったりです。1箱に30アイテムまで入れられるので、トートバッグ以外も一緒に預けてしまってもよいですね。

キュラーズ

キュラーズはビル全館をトランクルームとして使用しており、万全のセキュリティ対策が売りの1つ。長くとっておきたいトートバッグや、その他大切なものを預けておきたい時におすすめです。ただしこちらは店舗まで直接赴く必要があります。まずは自宅付近に店舗があるかどうか確認してみましょう。

スペースプラス

トートバッグのついでに大型家電や家具も預けたいという方にはこちらがおすすめ。比較的リーズナブルな料金で広いスペースを借りられるのがメリットです。屋内型以外にも屋外型のコンテナトランク、バイクコンテナなど様々なタイプが用意されているので、これを機におうちをすっきりさせたい!という方に向いています。こちらも店舗のない都道府県がいくつかありますので、まずは近くにあるかどうか要チェックです。

まとめ

いかがでしょうか?
トートバッグはその形状も相まって収納しづらいアイテムですが、何かと便利なのでついいくつも集めたくなってしまいますよね。今回紹介した収納方法はかさばりがちなトートバッグをすっきり収納できるアイデアばかりです。

また、自宅の収納スペースに余裕がないという方は、トランクルームを「第二のクローゼット」にしてみてはいかがでしょうか?トートバッグ以外の衣類やファッションアイテムももちろん預けられるので、オシャレ好きな方もお部屋をすっきり保つことができますよ!気になるサービスがあれば、ぜひ一度覗いてみて下さい。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる