収納整理整頓
赤ちゃん用のおもちゃの収納術でママも楽ちん!
サムネイル

自分たちで購入した物だけでなく、なにかと貰う機会も多い赤ちゃん用のおもちゃ。かさばりやすい形状の商品も多く、収納場所に困ってしまう親御さんも多いのではないでしょうか?

また、忙しい日々に追われごちゃごちゃに収納してしまうと、おもちゃが破損する原因にもなりかねません。では、赤ちゃん用のおもちゃを収納する時は、どのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?

今回はそんな赤ちゃんのおもちゃの収納術を紹介していきます。収納スペースが少ないご家庭向けのアイデアも紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

赤ちゃん用のおもちゃ収納に悩む理由

赤ちゃん用おもちゃの収納に困っているご家庭は意外と多いと聞きます。では、なぜ収納に困ってしまうのでしょうか?

赤ちゃんの成長に合わせて増え続ける


赤ちゃんにおもちゃを与える時は、その子の成長に合わせてぴったりのおもちゃをあげなくてはいけません。たとえば生後8か月の赤ちゃん向けおもちゃでは、生後3か月の赤ちゃんには楽しめないことも多いのです。このように赤ちゃんの成長に合わせておもちゃを買っていくと、どんどん使わないおもちゃが増えていってしまいます。

興味の移り変わるサイクルが早い


お気に入りのおもちゃをずっと手放さない子もいますが、たいていの場合子供の興味はどんどん新しいおもちゃへ移り変わっていくことになります。幼い頃ほどその傾向が顕著で、おもちゃを買い替えるサイクルが早い分、部屋がおもちゃで溢れかえってしまうことも少なくありません。

かさばる形状のものが多い

おもちゃはある程度の大きさを持ち、かさばる形状のものが多いため、重ねて収納するのには不向きです。ささっとしまっておける商品ならまだ良いのですが、細かな部品があるおもちゃだと故障の原因にもなってしまいます。

親戚や友人からもらう機会が多い


おもちゃは自分たちで買う以外に、親戚や友人からのプレゼントでもらうこともありますよね。特に生後間もない赤ちゃんの頃は、出産祝いにおもちゃのプレゼントをもらう機会も多いと思います。とても有難いのですが、もらった手前もし子供が気に入らなくても捨てることができません。また、おさがりなどをふいにもらうこともあるので、自分たちで個数を管理するのが難しくなってしまいます。

赤ちゃん用のおもちゃを収納するときのポイント・注意点

赤ちゃん用のおもちゃをどのように収納するのが正解なのか、分からない親御さんも多いはず。そこで、赤ちゃん用おもちゃを収納する際のポイントや注意点をまとめてみました。

衛生的な状態を保つ


おもちゃは赤ちゃんが直接触れるもので、素肌をこすりつけたり、場合によっては口に含むことも。そのため、赤ちゃん用のおもちゃはできるだけ清潔な状態を保つ必要があります。

ホコリが溜まりやすい場所やじめじめした空間は避け、小まめにお手入れしてあげましょう。たとえばプラスチック製やシリコン製のおもちゃであれば、2~3日に1回は水で洗うようにすると良いですね。部屋にちらかしたままにしておくと衛生管理が難しくなってしまうので、出したものは必ず元の場所に戻すことも重要です。

種類ごとに分ける


ごちゃごちゃしがちなおもちゃは、種類ごとに分けると必要なものをすぐ探し出せますよ。

たとえば赤ちゃんをあやす時に使用するおもちゃをしまう場所、夢中で遊んでくれるおもちゃをしまう場所、知育おもちゃをしまう場所、といったように、用途に分けて収納すると使い勝手が良くなります。

すぐに取り出せ、片づけられるようにする


育児中はなにかとバタバタしがちなので、赤ちゃんのおもちゃはすぐに取り出せるようにしておきたいところ。たとえば蓋つきの箱をいくつも重ねておく収納方法だと、下の段のおもちゃはすぐに取り出せませんよね。また、同時に片づけやすさも重視しましょう。

見た目をすっきりさせる


最近はインテリアに馴染むおもちゃも増えてきていますが、ごちゃごちゃしがちなおもちゃは隠す収納パターンも考えておくと便利です。スタイリッシュなボックスを用意したり、お気に入りの布をかぶせればおしゃれに収納できますよ。

赤ちゃんおもちゃの収納におすすめのアイテム

つづいては、先輩パパママに評判の収納アイテムをご紹介していきたいと思います。すべてネット通販で購入できるので、気になるものがあればぜひ注文してみて下さい!

子育て世帯に大人気!「froq(フロック)

フロックはカラーバリエーションが豊富な蓋付き収納ボックスです。蓋付きなのでごちゃごちゃしがちなおもちゃもすっきりと収納できます。こちらは蓋が前開きなので重ねた状態でも取り出しやすく、子育て世帯に大人気のアイテムです!カラフルな見た目はそのまま置いてもインテリアの一部になりますが、シンプルなデザインなのでステッカーを張るなどして個性を演出するのもありです。

投げ込み収納なら「IKEA トロファスト」


トロファストは片づけやすさが魅力の収納ボックスです。忙しいママに投げ込み式の収納は嬉しいですね。子供が成長しても、投げ込み収納だと簡単にお片付けできますよ!

また、シンプルで飽きのこないデザインは様々なインテリアに馴染みます。深さも豊富なので、浅型と深型を組み合わせて利便性を追求できます。

様々な収納に応用できる「ニトリ カラーボックス

ニトリのカラーボックスは種類が豊富でカスタマイズ性が高く、お部屋にぴったりの収納棚をデザインできます。子供の成長に合わせてボックスのレイアウトを変えることもでき、普通の収納棚としても優秀なので長く使える商品です。大きさも形状も様々なので、スペースを有効活用して様々な収納に応用できます。赤ちゃんのおもちゃだけでなく、オムツや洋服を収納したり、幅広い用途に役立つアイテムです。

アイリスオーヤマ 天板付キッズトイハウスラック

トイハウスラックは天板付のおもちゃ収納ラック。カラフルでポップな見た目とちょうど良い大きさで、ラクラクおもちゃを片付けられます。また、こちらも子供が成長しても遊び感覚でお片付けを覚えられます。収納力も抜群なので、おもちゃだけでなくオムツや洋服を一緒にしまっておくのも便利です。

赤ちゃん用おもちゃの収納実例

最後に、実際に先輩パパママがおもちゃをどのように収納しているのか、実例をご紹介したいと思います。おしゃれかつすっきりと収納されているご家庭ばかりなので、インテリアの参考にしてみましょう!

カラーボックスと浅型ボックスを上手に組み合わせ!

ニトリの収納を用いて、お子さんのおもちゃや持ち物をすっきりと収納。カラーボックスと浅型ボックスを上手に組み合わせて、スペースを無駄にしない収納方法です!
参考:https://www.instagram.com/p/Brz8r0VHc81/

同じメーカーで統一感をだす

複数の製品を組み合わせる時は、同じメーカーを選ぶとサイズ感が合いやすくなります。また、統一感が生まれお部屋の雰囲気を壊しません。
参考:https://www.instagram.com/p/BruD8TYgdBT/

ベビーベッドに収納をつくっちゃおう!


ベビーベッドに収納場所を作ってしまうのも一つの手。柵におしゃれなカゴをつけたり、ベッド下に収納ボックスを配置してみましょう。必要なときにすぐに取り出すことができるのでとっても便利ですよ!

まとめ

いかがでしょうか?
赤ちゃん用のおもちゃは成長するに連れてどんどん増えていきますし、人からもらう機会も多いもの。収納スペースが足りずつい部屋に出しっぱなしになることも多いですが、専用の収納スペースをつくってすっきりと保管しましょう!

また、赤ちゃんが頬ずりしたり舐める可能性もあるので、赤ちゃん用のおもちゃは小まめにお手入れするようにしてくださいね。おしゃれかつすっきりと収納するために、ぜひ今回ご紹介したようなアイテムをぜひご活用下さい。いくつかのアイテムを組み合わせれば、オリジナルの収納棚を作ることもできますよ!

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる