おしゃれなキャンプ食器が増えても大丈夫!おすすめ保管場所について
サムネイル

近年アウトドアが活況を呈する中で、若者や女性にも人気なのがキャンプです。アウトドア用のおしゃれな食器が増え、「インスタ映え」なキャンプライフを送る人も多いようです。

ただどうしても気になるのが、キャンプの食器類の保管場所です。食べ物に関するものなので、衛生面や使うときにないのは困りますよね?

そこで今回はキャンプ食器に注目して、どのような環境がキャンプ食器を保管しておくのに最適な場所なのか説明していきます。近年注目されつつあるトランクルームの実例を交えつつ、おすすめの保管場所について触れていきますのでぜひ最後までご覧ください!

アイテム別!キャンプ食器の保管方法

まずはキャンプをする上で、どんな食器があるのかお話しさせていただきます。ここではキャンプ食器として代表的なものだけを列挙していきます。

キャンプ食器一式
ボール/プレート(パーティープレート・ディナープレート・サイドプレート)/マグカップ/フォーク/ナイフ/ランチ皿/カレー皿/どんぶり/はし

キャンプ用の食器は、速乾性にも優れているものが多くあります。使い終わったら洗って乾かすところまでをキャンプのうちに済ませておく方も多いほど、スマートにキャンプできる食器が主流のようです。

では、アイテム別に保管する方法を解説していきます。

皿(プレートやランチ皿など)

しっかりと水気を取り、普段使いするわけではないので、まとめて収納しておきましょう。重ねやすいように同じシリーズのお皿を揃えておくと、更に保管しやすくなります。

フォークやナイフ、はし

人数分をセットにして保管しておくとよいでしょう。特にはしはなくなさいように注意が必要です。フォークやナイフ、スプーンが一体になったものもありますので、便利でおすすめです!

コップ類

コップ類は保管しておくには少々かさばるアイテムです。おしゃれでかわいいデザインが多いアウトドア用のコップやマグカップは、普段使いするのもアリ。ただし、日常使いしてしまい、肝心なときに持っていくのを忘れてしまわないように注意してくださいね。

キャンプ食器の保管場所はどこがおすすめ?

キャンプにはまるとどんどん増えてしまうキャンプ用の食器たち。では、どこに保管しておくのがよいのでしょうか?

収納ボックスで自宅保管

収納ボックス内に、食器だけでなくキャンプの料理に使う道具をまとめて収納しておくとよいでしょう。使いたいときにもすぐに取り出すことが可能で、収納だけでなく、後片付けの際にもスムーズにできることから収納ボックスは重宝されています。持ち運びしやすいものや、汚れに強いタイプを選ぶとよいでしょう。

トランクルームで保管

トランクルームもキャンプ食器の保管場所として最適です。屋内で保管するタイプのトランクルームを選べば、倉庫内も清潔で保たれているサービスが多く、食器の保管にも安心です。また、室温や湿度も一定に保たれているため、大事な食器を預けるのに最適と言えるでしょう。

また、サービスによっては、スマホ一つで出し入れができるなど、利便性にも優れています。もちろんセキュリティが万全、初期費用が安いサービスも多く存在しますので、自宅のスペースを取られたくない方にはおすすめの保存場所と言えます。

キャンプ食器の保管場所に最適なトランクルーム比較

ついつい増えてしまうキャンプ用の食器たち。自宅で保管するには幅を取りますし、毎日使うものではないため自宅にあると邪魔な人も多いと思います。

ここでは、キャンプ食器の保管に最適なトランクルームを数点紹介させていただきます。近年のトランクルーム業界は参入企業も増え、ますますサービス自体も良くなっています。下記で挙げる会社を参考にして、ぜひキャンプ食器を預けるトランクルームの候補にしてみてはいかがでしょうか。

trunk

trunkは宅配型のトランクルームで、自分で荷物を出し入れするのではなく、宅配で荷物の預け入れ、取り出しを行うことができるサービスになります。

一般的なトランクルームに多い複雑な契約や、高額な初期費用はかかりません。自身が利用した分の費用だけが発生するシンプルなサービスのため、より手軽にトランクルームを活用できます。他社と比較するとかなりコストパフォーマンスが良く、部屋を効率よく片付けたい・スッキリさせたい人にはおすすめのサービスといえます。

宅配型なので、預けたいものをボックスに詰めたら、アプリから手配するだけで荷物を取りに来てもらえます。また、いちいちキャンプをするたびにキャンプ食器をトランクルームに取りに行くなどの面倒な手間からも解消されます。

保管倉庫は提携している屋内の倉庫となり、清掃が行き届いたきれいな環境です。空調設備もしっかりと完備されており、カビなどの衛生面の心配もないため食器類や調理道具を預けるのにも安心。

預けたアイテムにおいてもtrunkのスタッフが1点ずつ写真撮影してくれ、「マイトランク」からいつでも閲覧する事が可能です。そのためキャンプ食器のように細々したアイテムを一元管理する事ができ、なにを預けたか忘れてしまうこともありません。

宅トラ

「宅トラ」における荷物の運搬については、”クロネコヤマト”が担当しています。こちらも預けた荷物を契約者専用サイトから種類や画像で確認する事ができ、自分の預けた荷物の把握が一目瞭然となります。

倉庫内も定温定湿と空調設備も万全ですが、他の宅配型トランクルームと比べると料金が少々高め。その分、預けられる収納サイズの幅が広く、キャンプ道具一式預けてしまうのも一つの手となります。

スペースプラス

全国に450拠点以上を構えるスペースプラス。宅配型トランクルームを除けば、トランクルームの中では最安値でサービスが提供されています。24時間利用可能なのはもちろんですが、空調設備や防犯カメラ(屋内型トランクルームのみ)が完備、セキュリティ面も問題ありません。屋外型のトランクルームサービスも提供していますが、食器類は屋内に保管することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?
キャンプ食器はついつい増えてしまうアイテムで、まとめて保管する場合は意外と幅を取ってしまいます。そんなときは、トランクルームを活用することで、自宅の場所を取ることなく安全に保管しておくことができます。

キャンプ食器の保管場所として、トランクルームを選択肢の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる