収納整理整頓
デッドスペースを徹底活用!吊るす収納のメリットとおすすめアイデアとは
サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

床に物が散乱していて部屋が片付かない、頑張って収納した結果使いにくくなったなんていうことはありませんか?

床にものが散らばっている、棚の奥によく使うものがしまわれている場合に有効なのが「吊り下げ収納」です。よく使うものを手に取りやすい位置に上手に吊り下げ収納しておけば、簡単に手に取りやすくなるので便利。よく使うものを床に置くより部屋がすっきりしますよね。

この記事では、吊り下げ収納のメリットやコツ、おすすめのアイテムやアイデアをまとめてお伝えします。

吊るす収納のメリット

吊るす収納にはどんなメリットがあるのでしょうか?メリットとして考えられるのは、大きく3つではないでしょうか。

  • デッドスペースの有効活用ができる
  • 掃除が楽になる
  • 手に取りやすく戻しやすい

なんといっても吊るす収納はデッドスペースの有効活用に繋がります。壁や、棚と棚の隙間、上部に空いた空間など、いままで使えていなかった空間を使うことで、収納力UPが見込めます。

ほかにも、棚を増やさずに済むのでほこりがたまりにくく掃除がしやすい点も魅力。またアイテムを出し入れしやすいので、よく使うものを吊るして収納しておくことで手軽に手に取りやすく戻しやすい理想の収納を作ることもできます。

吊るす収納のコツとは


それでは、吊るす収納のコツとは何でしょうか?大きくは以下3つが挙げられます。

  • 空中や壁に空いている場所がないか探す
  • よく出し入れする物を中心にアイテムを配置する
  • できれば見た目にも注意

吊り下げ収納の多くは、デッドスペースの中でも空中や壁際の空いたスペースを活用することに特化した収納術です。今の家の中で使えそうな壁や空中のデッドスペースを探すところから始めると良いかもしれません。

吊り下げ収納は手に取りやすく戻しやすい点がメリットです。よく使う1軍アイテムを中心に配置することで、出し入れのしやすい便利な収納を作ることができます。出し入れしやすいところに吊り下げ収納をするという事は、見せる収納になりますので余力があればぜひ見た目にもこだわりたいですよね。

吊るす収納におすすめのアイテム

それでは吊るす収納にぴったりのおすすめアイテムを紹介していきます。

ランドリーやキッチンで活躍「突っ張りパーテーション ラダータイプ」


ランドリーやキッチンでも活躍できる棚板の付属した突っ張りラックです。フックを上手に活用することで、ランドリーで必要なアイテムをかけておくことも可能。大型フックが6個と棚板が1枚付属していて、大型フックには洋服を3~4着まとめてかけておくこともできます。別売りパーツでカスタマイズできるので、自分で使いやすいように組み替えることができ、とっても便利なアイテムとなります。

冷蔵庫横や金属製玄関扉で使える「タオルバー(マグネット)

マグネット式で冷蔵庫や金属製の玄関扉に貼り付けられるタオルバーです。冷蔵庫の横や玄関扉に貼ることで、タオルをかけるのはもちろん、S字フックと組み合わせて簡単に吊り下げ収納を作ることができます。強力磁石使用で、耐荷重1kg。見た目もシンプルなステンレス製で清潔感があり、掃除もしやすく既存のインテリアに合わせやすい点もうれしい魅力。

玄関や洗面所でも便利「アイアンブラケットとウッドボードの壁掛棚

木目のシーシャムウッドボードと、アイアンの棚受けを組み合わせたウォールシェルフです。棚受けの先端には吊り下げ可能なフックがついていて、ハンガーやS字フックを引っ掛け組み合わせれば、タオルやアクセサリー、鍵などちょっとしたアイテムを吊り下げ収納することもできます。棚部分に印鑑をおいておけば鍵と印鑑などをまとめて玄関に置いておくことも。見た目もアイアン調のおしゃれなアイテムです。

吊るす収納のおすすめアイデア

キッチンの収納にも大活躍!冷蔵庫の横に注目

冷蔵庫の横は意外なデッドスペースです。ここをうまく活用することでちょっとした収納に変えることができます。ただマグネットフックをつけただけでも、輪ゴムをかけておくことができますし、タオルバーやペーパータオルホルダーをつけることも可能。ほかにもキッチンツールを吊るしておけるようなマグネット式のフックを設置できるなど使い勝手抜群のデッドスペースです。

カウンターキッチンの脇も活用


カウンターキッチンやアイランドキッチンの側面も吊るす収納で活用できるスペースです。ここにタオルハンガーをかける、ミトンをかけておくなどすれば、さっと手が届く範囲にアイテムを配置することができるので作業もはかどります。

吊戸棚の下は吊るす収納にぴったり!


キッチンで作れる王道の吊るす収納といえば、吊戸棚の下の部分です。吊戸棚とシンクや作業台の間の空間は吊り下げる収納にぴったり。ここに布巾を干すスペースや、キッチンツール、ラップやアルミホイルを入れておける吊り下げ式収納を配置すれば使いやすいキッチンに。

例えばワイングラスをバーのように、逆さまに吊るす収納をしてもかっこいいですよね。

玄関扉も吊り下げ収納ポイント


玄関扉が金属製の場合、マグネットを使った吊り下げ収納を設置することができます。こちらにマグネットフックや傘立てをつけて傘を吊るす収納にしても良いですし、印鑑などを入れておけるような小さなカゴを吊るしても便利に運用できます。

玄関の壁もデッドスペース!


玄関の脇の壁の部分は、吊り下げ収納を効果的に配置することができます。フックをつければ帽子やコートなどをかけておく吊り下げ収納になりますし、ちょっとしたカゴやボックスを吊り下げて、鍵を入れても便利に使えます。子供のおもちゃを素敵なトートバックに入れて吊り下げておくだけでも、床に散らばしておくより見た目がすっきりとしますよ。

靴箱の裏には突っ張り棒やタオル掛けを使った吊り下げ収納を!


靴箱の裏面はデッドスペースです。ここにタオル掛けをシールで貼り付けるか、フックをつけて棒や突っ張り棒を渡せば簡単に吊り下げ収納の完成。 ここにS字フックをかけて折りたたみ傘などを収納すれば、玄関に出しっぱなしのアイテムもしっかりと隠す収納ができます。

お風呂場のポールは絶好の吊り下げポイント


お風呂場に多い洗濯物用のポールは吊り下げ収納にも使えます。S字フックを使うことで、簡単にゴム手袋、洗面ボウル、掃除用スポンジなどを吊り下げて収納することができるので、水はけも良く衛生的にもばっちりです。床に置いておくよりもカビなどの心配が少なくなるほか、もとからあるポールを活用するので簡単に実践できる点が魅力です。

また、小さい子が手に取りにくい位置になるので、お風呂用洗剤のスプレーボトルをひっかけておくのもおすすめです。

突っ張り収納ラックで見た目も素敵な吊り下げ収納に


突っ張り収納ラックは、モダンなものやナチュラルなもの安価なものといろいろな種類があります。使用目的やお部屋の雰囲気に合わせて、いろいろなデザインの中から好きなものを選べる点が魅力。なんでも吊るしておけるので、玄関から自室、洗濯機の脇や洗面台の脇など使える場所はたくさん。廊下やリビングに設置する場合は、まるで壁収納のようなデザインのラックもあるので、いくつかつなげて配置することで素敵なインテリアにもなります。

まとめ

いかがでしょうか?
家の中にはまだまだデッドスペースがたくさんあります。特に空中や壁際は吊るす収納を取り入れることで収納力が格段にUPするので、ぜひ導入したい場所ですよね。

突っ張り収納ラックやキッチンでの吊り下げ収納などのように、吊るす収納をすることで見せる収納になる場合も。吊るすアイテムや配置にもこだわれば、より素敵なお部屋になります。 ぜひアイデアや使えそうなアイテムを参考にして、使いやすい吊り下げ収納を作ってみてください。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて