収納整理整頓
子供の洋服ってどう収納すればいい?実例や使えるアイテムとは
サムネイル

子供がたくさんいる家庭では、洋服を収納するだけでスペースをたくさん使ってしまうでしょう。また、子供は年々大きくなっていくので、着ない服が溜まってしまうことも……。このように、子供の洋服の収納に悩んでいるかたも多くいるでしょう。

ここでは、そんな悩めるママ達のため、子供の洋服の収納方法やおすすめアイテムをご紹介していきます。

子供の洋服収納に悩む理由

子供の洋服の収納に悩む理由は以下の3つがあります。

  • すぐに大きくなるので洋服がどんどん増えていく
  • 洋服を汚すことが多いので洋服の数が多くなりがち
  • 次の子供のために処分することができない

子供は年々体が大きくなっていくため、成長に合わせて洋服を購入していかなければなりません。そのため、洋服がどんどん増え、収納に悩んでしまいます。

子供は、洋服を汚すことも多いですよね。赤ちゃんの場合よだれがたくさんついてしまったり、育ち盛りの子供は代謝がいいので汗をよくかきます。そのため、大人よりも洋服の数が必要となります。1枚1枚の大きさは大人の洋服に比べると小さいですが、洋服の数が多いため収納の場所に困ってしまいます。

子供が大きくなり、必要なくなった洋服が出てくれば処分することもできますが、次の子供のために保管しておこうと考えると、どんどん洋服が溜まる一方になってしまうのです。

子供の洋服を収納するときのポイント

子供の洋服を収納するときのポイントをご紹介します。

  • 使用頻度が高い洋服はしまうよりも出して収納
  • 仕切りを使う
  • 立てて収納する

使用頻度が高い洋服であればしまっておくよりも出しておくことをおすすめします。キャスターが付いた可動式のラックに洋服を掛けておけば、すぐに必要な洋服を取り出すことができます。ラックには普段使うカバンもかけられますし、ラックの上や下にカゴを置けば、そこに今すぐには使わない洋服を収納することも出来ます。

タンスに収納する場合には、仕切りを使うことをおすすめします。仕切りがあれば、種類別や用途別に分けて収納することができ、何がどこにあるのか一目瞭然です。仕切りは100円ショップで販売しています。

また、収納する時には寝かせて収納するのではなく、立てて収納すれば取り出しやすい上に、多くの洋服を収納することができます。

子供服収納のおすすめアイテムとは

それでは子供服の収納におすすめのアイテムを紹介していきます。

収納ケース


収納ケースに子供服を入れると、ベッドの下などのデッドスペースに収納をすることができます。収納ケースを重ねると押入れに入れて保管することも可能です。何を収納しているかが分かるように収納ケースにラベルを張っておくと、いちいち蓋をあけて中身を確認しなくても何が入っているのかが分かって便利です。

ジップロック


ジップロックの中に入れて収納すれば、長く保管する洋服にほこりもがつくこともありません。ジップロックの表面に「90㎝ 夏物肌着」などと記載すれば何が入っているのかが分かりやすいです。

A4ファイルケース


100円ショップで手に入るA4ファイルケースを横に寝かせて使用すると、子供の洋服を収納するのに最適です。A4ファイルケースを上に重ねていくと衣類を小分けするのに便利です。

マガジン収納ケース


マガジン収納ケースはふたがついている収納ボックスで100円ショップでも売られています。子供の洋服は小さいので、マガジン収納用でも十分収まります。同じ収納ボックスを使えば重ねて収納することもでき、押し入れの中に入れて保管してもすっきりします。

カラーボックス


部屋の中に置いていてもよいですし、押し入れの中に入れて使用することもできます。使わなくなれば本棚として利用することもできますし、安価で購入できるので押し入れに合わせて複数個置くこともできます。

横長ストッカー


ホームセンターに行くと横長のストッカーが売られています。これは子供服の収納に最適です。子供服はサイズが小さいので収納時に深さがあるものよりは浅めの物のほうが収納しやすいのです。また、ふたが前回に開くため、何を収納しているのか一目瞭然です。

蓋つきのカゴ


蓋つきのカゴがあれば、クローゼットの外に置いておいても中が見えず安心です。複数個揃えてカラーボックスの中に入れて収納ボックスとして利用することもできます。

キャスター付きの収納ボックス


キャスター付きの収納ボックスを使えば、ベッド下のデッドスペースに収納する場合でも取り出しやすいです。2面開きになっている収納ボックスであればさらに使い勝手がよいですよ!

これですっきり!子供の洋服の収納実例

では最後に子供の洋服をすっきりと収納するため収納実例を紹介します。

押し入れを子供服の収納に利用する

押入れの上には天蓋がありますが、ここには、持ち手がついた収納ボックスを利用して保管しておく洋服を収納します。取り出す機会が少ないサイズの合わなくなった洋服をしまっておくのに最適です。

押入れの上段や下段は、奥行きがあるので、カラーボックスや引き出しタイプの衣装ケース、ハンガーラックを使って収納をすると便利です。カラーボックスや引き出しタイプの衣装ケースを入れてもまだすき間がある場合には、突っ張り棒を使ってハンガーラックにするとデッドスペースを有効活用できます。

さらに、伸縮できる押し入れ用の整理棚があれば、押し入れのサイズに合わせて幅を伸縮できます。細かく幅を変えられるのでデッドスペースを作ることがありません。

100円グッズを組み合わせる


100円ショップには大小様々な収納グッズが揃っています。大きさの同じものをいくつか揃えることで積み重ねて収納することができますし、大きな収納グッズの中に小さな収納グッズを入れて使うことも可能です。子供服はどれもサイズが小さいので、たんすの中にそのまま入れると何を入れているのか見えにくい場合もあります。

こんな時に100円ショップの収納グッズを利用すれば、アイテムごとに分けられますし、収納しやすいです。押し入れやクローゼットの隙間に収まる収納グッズを利用すればちょっとした隙間にも子供服の収納ができます。

100円ショップにはカラーボックスに合う収納ボックスもあります。これらをカラーボックスに入れて使えば、収納ボックスの中に多くの子供服を収納していても中身が見えることもないため、部屋の外に出していても生活感を感じることがありません。収納ボックスの中に仕切りを使えば、子供サイズの小さな洋服が収納しやすくなります。収納ボックスを使うことによってインテリア性が高くなるので部屋に置いていても雰囲気を壊さなくて済みますね!

吊り下げ式の収納を使う


吊り下げ式の収納があれば、クローゼットのデッドスペースに利用することができます。中に入れたものが一目でわかるので便利です。吊り下げの収納は長さや大きさなど豊富にあるので、クローゼットのスペースに合わせて選択できます。

まとめ

いかがでしょうか?
子供の人数だけ洋服はたくさんあり、収納に困っている方も多いでしょう。また、子供は成長が早いので、着ることができなくなった洋服がどんどん溜まっていきます。収納アイテムとひと工夫で収納スペースを増やし、家の中をすっきり片付けてくださいね!

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる