収納整理整頓
子供部屋の収納術やマネしたい実例教えます!
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

育児や家事に日々追われるママにとって、子供部屋の収納は悩みの1つではないでしょうか。どれだけ片付けても、子供がいれば一瞬で散らかるものです。しかし、収納術のコツをつかめば、実は子供部屋も散らかりっぱなしにはなりませんよ。

そこで今回は、子供部屋の収納術を、実例を交えながら紹介していきます!

子供部屋に収納するものにはなにがある?

本題に入る前に、まずは子供部屋に収納するものに何があるのかを紹介します。何を片付けるべきなのか、何が散らかりやすいのかからまずはピックアップしてみましょう。

  • ぬいぐるみ
  • 絵本
  • ままごとセット
  • ガンダム
  • 洋服
  • フィギア
  • ミニカー など…
これらは大人にとってはただのおもちゃでも、子供にとっては大切な相棒ですよね。子供が部屋で遊びだせば、一瞬でこれらおもちゃを片っ端から取り出します。そのため、さっきまではキレイに整った部屋でも、ほんの数分で散らかってしまうのです。

特に、子供は遊んだものは元の場所にはすぐには戻さずに、次から次へと新しいおもちゃを遠慮なく取り出します。さっきまでは絵本を読んでいたかと思えば、次はままごとセットで遊びだすためどんどん部屋が散らかってしまうのです。

子供部屋収納のコツとは

それでは、本題に入っていきましょう。子供部屋を収納する際、以下のコツをつかめば大人のストレスが減るだけでなく、子供からも積極的に片付けをやってくれますよ。そこで、以下に子供部屋を上手に収納するコツを紹介します。

片付けが楽しくなるような環境を整える

おもちゃで遊んだあとの片付けを、「あそび」の1つと子供が感じられるように環境を整えましょう。「片付け=あそびが終わる」と子供が感じてしまうと、なかなか片付けをしてくれません。そのため、片付けが楽しくなるように大人が環境を作ってあげれば、子供から積極的に片付けをしてくれるようになりますよ。

収納の高さを子供の目線に合わせる

子供に「おもちゃを取り出すのも片付けるのも楽しい」と感じさせるには、子供部屋という空間を子供の目線に合わせることをおすすめします。

収納の高さが高く、子供の手に届かない場合、子供にとっては自分の世界・自分の空間を感じることができません。そのため、収納の高さが高いと子供の主体意欲を奪ってしまう可能性があるのです。

子供の目線に合わせて低い位置に収納場所を設置すると、「片付けが簡単、いつでも取り出せる」と子供は自分の世界観を感じられるようになります。片付けも積極的に行ってくれる確率が一気にアップするのです。

収納も子供の成長に合わせる

子供は成長も早いため、背丈や好みに合わせて収納方法を変えることをおすすめします。

木箱などは比較的安くて、積み重ねられるメリットがあります。子供の背が伸びた時に、木箱を1つずつ上に積み上げれば、収納の高さを子供の目線に合わせることができるのです。また、木箱の場合は出し入れも片付けもしやすいため、子供にとっての片付けの難易度が高くありません。

さらに、木箱なら入れる順番や入れる場所も子供が自分で決められるため、「おもちゃを箱のお家の中に入れる」という感覚を覚えて自ら片付けをしてくれやすくなるのです。

子供部屋収納におすすめのアイテム

子供部屋を収納するコツが分かったところで、次はおすすめの収納アイテムを紹介します。どのようなアイテムがあれば、子供が自ら片付けをしてくれるのでしょうか。以下のようなアイテムの特徴が分かれば、今の子供部屋が片付かない理由が見えてくるかもしれません。それでは、以下の3つのアイテムの特徴をそれぞれ紹介していきます。

キッズテント

キッズテントはまるでぬいぐるみのお家のような作りになっています。「おもちゃやぬいぐるみで遊んだあとは、お家に入れてあげてね」と教えてあげれば、このキッズテントという空間がおもちゃのお家だと子供が認識してくれるのです。

子供自身がキッズテントの中に入ることもできるので、この中でままごとをしたり、ぬいぐるみとお昼寝をしたり、お友達を招待したりと、遊びの幅も広がります。 そのため、子供にとって「キッズテント=片付ける場所」という感覚はなくなるのです。

家型のオープンラック

家型のラックを使えば、「おもちゃはここに住んでいる」という感覚を子供が覚えてくれますよ。

ただの木箱の場合は放り込むだけでOKですが、ラックの場合は子供がラックのサイズやおもちゃのサイズを考えて置く必要があります。そのため、想像力や思考力を伸ばしながら片付けをしてくれるようになるのです。「遊んだあとはちゃんとお家に帰さなきゃ」と子供が自ら片付けを楽しんでくれるのが目に見えるのではないでしょうか。

ハンモック

ハンモックがあれば、簡単におもちゃを片付けることができます。どこに何が置いてあるのか見えるだけでなく、しっかり固定すればぬいぐるみが転んだり倒れたりしません。

子供もお気に入りのおもちゃを手前に置くなど、自分なりの置き方で工夫しながら片付けていくため、片付けを楽しんでくれるようになりますよ。

子供部屋の収納実例

子供部屋の収納アイテムが分かったところで、次は収納の実例を紹介します。どのように収納アイテムを使えばいいのか悩んでいる方はぜひ以下を参考にしてくださいね。

IKEAの「トロファスト」でフレキシブル収納!

IKEAはおもちゃの収納アイテムが豊富に揃っています。このトロファストはボックスの形やサイズをカスタマイズできるだけでなく、色も選べるため、子供の好みに合わせてアレンジができるのです。

子供が片付けを楽しんでくれるように子供目線で作ってあげれば、子供にとっても「自分好みのおもちゃのお家」と認識してくれるはずですよ。 参考:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/series/19027/

無印良品の「スタッキングシェルフ」で高さも幅も子供に合わせて

無印良品と言えば、シンプルなデザインが特徴的ですよね。本棚として使うことはもちろん、カゴやプラスチックケースを使っておもちゃを収納すれば、見た目もすっきりします。

箱に入らないおもちゃや子供が特に気に入っているぬいぐるみなどは棚にそのまま入れれば、見た目も可愛さがアップしますよ。また、この棚は好きな形にアレンジできるため、子供の目線に合わせて高さを変えることもできるのです。 参考:https://www.muji.net/store/pc/user/homewares/combinable/shelf.html

BELLE MAISONの「お片付けしやすいキッズ収納ラック」

大手の通信販売会社から販売されているこのラックは、子供の目線に合わせた高さの収納グッズです。絵本やおもちゃ・ぬいぐるみなどが片付けられるように棚が仕切られているため、子供が自分の世界感を楽しみながら片付けができますよ。また、作りもしっかりしているためガタつかず、安定しています。

棚は縦にも横にも自分でアレンジできるため、子供自身の好みや収納するものの大きさなどに合わせて随時アレンジできることも、特徴の1つです。 参考:https://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=C75646_292_2018_C&SHNCRTTKKRO_KBN=03&KIKK_HBN_HYJ_KBN=t

まとめ

いかがでしたか? 今回は子供部屋の収納方法を紹介しました。

いくら片付けてもなかなか片付かない子供部屋は、大人にとってはストレスですよね。しかし、子供目線で環境を変えてあげるだけで、実は子供から積極的に片付けをしてくれるようになるのです。

上記で紹介したアイテムや実例を参考にしてみて、子供が楽しく遊べる部屋・自分だけの遊びの空間を作り、子供から片付けをしてくれる環境を整えてみてはいかがでしょうか。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize