収納整理整頓
部屋に収納がない!?解決するにはトランクルームがおすすめ!
サムネイル

みなさん、収納場所が少なすぎて困っていませんか?今回は部屋に十分な収納スペースがないという方向けに、使い勝手のいいアイテムや収納を増やす方法を紹介していきます。部屋の収納のなさに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

収納がない部屋はある?

日本のほとんどの家庭では、収納スペースが足りていないというデータがあります。このことからも、日本の住宅は十分な収納スペースを確保できていないということがわかります。

特にデザイナーズ住宅は収納が少ないことで有名です。収納などの機能性よりも、見た目の美しさを尊重して作っているため、収納スペースが他の住宅よりも少なくなってしまうのです。

私たちが生活していく上でモノは日々確実に増えてきます。モノで散らかっている家に住むことは、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼす可能性があるため、収納がない部屋でもしっかり収納スペースを作ることが大切です。

部屋に収納がないときの対処法

繰り返しになりますが、部屋を綺麗な状態で保つためにも、収納がない部屋で収納スペースを作ることは大切です。ここからは、部屋に収納がないときの対処法をいくつか紹介していきます。

収納がない部屋で収納スペースを作る方法はただ一つです。それは見せる収納を意識することです。しまって見えなくすることだけが収納ではありません。見せる収納も正しい収納方法だと言えます。以下、見せる収納方法をいくつか紹介します。

フレキシブルな収納

大きな家具を買ってしまうと、引っ越しや家族が増えたときに使い勝手が悪くなります。そのため生活スタイルが変わっても利用しやすいフレキシブルな収納を心がけましょう。

具体的には、パーツに分かれていて自在に組み替えができる収納グッズがおすすめです。ホームセンターや無印良品などで購入することができますし、日曜大工が得意な人は自分で作ってしまうこともできます。

パーツの組み合わせ方次第ではおしゃれな収納を作ることもできるため、フレキシブルな収納方法はおすすめです。

見せたくないものはカーテンで隠す 家の中にはどうしても散らかって見えてしまう場所があります。そのような場所はカーテンと突っ張り棒を活用して隠してしまいましょう。その場合、暗い色のカーテンよりも明るい色のカーテンを利用した方が、部屋が明るくなり部屋全体を広く見せることができます。

素材感を意識する

同じものを同じ空間で収納する場合でも、素材感を意識するとしないでは大きな違いが出てきます。ポイントは素材と色を揃えて収納することです。これだけでごちゃついた印象を与えることなくスッキリ収納することができます。

素材感を統一するためにも、できるだけ同じ素材でものを選ぶようにしましょう。色が多ければ多いほど収納するのが大変になるので、多くても3色程度までに抑えると収納しやすくなります。

家の中に十分な収納スペースがない場合でも、見せる収納を意識するだけで収納スペースを確保することは可能です。

部屋に収納がないときに使えるアイテム

部屋に収納スペースがない場合は、先ほども書いたように見せる収納で収納スペースを確保するしかありません。ここでは収納スペースを作るために使えるアイテムを紹介していきます。

スクエアボックス


スクエアボックスは見せる収納に欠かせないアイテムです。スクエアボックスのいいところは、自在に組み合わせて収納棚を作ることができる点にあります。1人で利用する場合は5個程度、2人で使用する場合には10個程度など、ライフスタイルに合わせて収納スペースを増やすこともできます。

カーテン、突っ張り棒

カーテンや突っ張り棒は、どうしてもごちゃついた印象を与えてしまうものを見えないようにするために役立つアイテムです。見せたくないものは隠してあげることで、部屋全体の印象を下げることなく収納できます。カーテンと突っ張り棒さえあれば場所を問わず隠すことができるので、重宝するアイテムだと言えます。

バスケット

バスケットは重ねて使うこともできるアイテムですし、単独で使用することもできます。テーブルの上などにおいて使用すれば、調味料などをまとめて収納することができます。またバスケットを壁にかけて使用することで、可愛い壁掛け収納も完成します。

このようなアイテムを利用することで、誰でも簡単におしゃれな収納スペースを確保することができます。収納場所に困っている方はぜひ試してみてくださいね。

部屋に収納がないならトランクルームを活用してみよう

ここまでは、収納がない部屋に収納スペースを作ることに関して話を進めてきました。しかし、見せる収納にも限界がありものが増えすぎると収納できなくなってしまいます。そこでおすすめなのがトランクルームというサービスです。

トランクルームとは個人や企業がトランクルームを運営している会社と契約することによって利用できるスペースで、個人や企業が所有している荷物を一時的に預けておくことができます。現在日本の家では多くの家庭で収納スペースが足りておらず、その問題を解決するサービスとしてトランクルームは人気が高まっています。

トランクルームを荷物の保管場所としておすすめするのは、主に3つの理由があります。

清潔な環境で荷物を保管しておくことができる

トランクルームの中でも屋内型トランクルーム、宅配型トランクルームと呼ばれるものは保管倉庫が清潔に保たれています。そのような場所に保管することによって、荷物を正しく保管することが可能なのです。よって最近では、自分の大切なアイテムを最適な環境で保管するためにトランクルームを利用しているという人もいます。

セキュリティ対策がしっかりしている

トランクルームは荷物を預かってお金を得るサービスですので、盗難に合わないように万全のセキュリティ対策を取っています。そのため、自宅で荷物を保管するよりも安全に保管できると言えます。価値の高いアイテムや家族にばれたくないアイテムなどを、トランクルームを利用して預けているユーザーもたくさんいます。

家の居住スペースを広げることができる

家の中が最もリラックスできる場所だという人は多いのではないでしょうか?そんな家が物で溢れかえってしまってはせっかくの空間が台無しになってしまいますよね。そこでトランクルームを活用して、普段は使わないものを保管することで、家の居住スペースを最大限活用することができます。散らかっている部屋では心も体も悪影響を受ける可能性があるので、トランクルームを活用して家の中のものを減らすのはとてもいい方法だと言えます。

このような理由からトランクルームは荷物を保管する場所として最適な空間だと言えます。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は収納がない部屋で収納スペースを確保する方法について解説してきました。収納がない部屋として特に多いのがデザイナーズ物件です。そのような収納がない部屋では、見せる収納術を活用して収納スペースを確保してあげることが大切です。

ですが見せる収納にも限界があり、ものが増えてしまうと対応できなくなります。そんな時はトランクルームを活用することをおすすめします。トランクルームに普段は使わない荷物を保管しておくことで、収納がない部屋でも快適に生活することができます。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる