宅配型トランクルームについて徹底解説!!
サムネイル

宅配型トランクルームというサービスをご存知ですか?来店型のトランクルームと比較すると、自宅で簡単に荷物の管理ができ手間が少ない点で昨今注目を集めています。

ここでは、そんな宅配型トランクルームの特徴やメリット・デメリット、店舗型トランクルームとの違いなどをご紹介していきます。最後には宅配型トランクルーム各社のサービス内容について比較していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

トランクルームの種類

トランクルームの種類には、最もよく知られている「屋内型トランクルーム」・「屋外型コンテナ」に加え、最近では「宅配型トランクルーム」というサービスも登場してきています。まずはそれぞれのトランクルームの特徴を簡単にまとめてみました。

屋内型トランクルーム

トランクルーム会社が提携する倉庫やビルなどで荷物を保管する「屋内型トランクルーム」では、空調完備されている施設も少なくなく、湿気やカビを嫌う書類などの保管に適しています。

屋外型コンテナ

逆に「屋外型コンテナ」では、トランクルーム会社の所有する土地を利用し空きコンテナを連結させた収納・保管スペースを提供し、バイクやタイヤなど屋外に出しておいても問題ないもの、または大型でサビやカビなどが気にならない荷物を保管できるようになっています。

宅配型トランクルーム

トランクルーム会社指定の専用ボックスや、お手持ちの段ボールなどに収納・保管したいアイテムを詰めて梱包し、所定の方法で荷物の預け入れ・集荷の連絡をトランクルーム会社に行います。荷物は、トランクルーム会社と提携している配送業者が集荷に来るため、自身でオフィスや店舗に足を運ぶ手間もありません。

収納スペースの確保はもちろん、趣味で集めているコレクターアイテムなどの“普段頻繁に使わないため収納に困るもの”を一時的に収納・保管したいというニーズが高まってきているのです。

宅配型トランクルームとは

それでは宅配型トランクルームについてもう少し詳しくみていきましょう。

宅配型トランクルームは、自宅や職場の近隣に屋内型トランクルームや屋外コンテナがない場合でも、WEB・メール・電話申し込みなどによりトランクルーム会社が、提携する配送会社に集荷依頼をかけてお客様の自宅に荷物を預かりにいくというサービスです。

預けられる荷物の規定は会社によって異なりますが、指定の専用ボックスやお手持ちの段ボール箱に荷物を梱包し配送会社に預けると、トランクルーム会社の管理する警備・空調の整った施設内で保管・管理されるようになります。

利用料金から見ると預け入れ料金のほか、荷物の取り出し・預け入れ送料がかかってくることもありますが屋内型トランクルームや屋外型コンテナを契約するよりも金銭的負担が少なくすみます。

それでは、次項でトランクルームのメリット・デメリットを詳しく解説していきます!

宅配型トランクルームのメリット・デメリットは?

ここでは宅配型トランクルームのメリット・デメリットについてご紹介していきます。こうしたメリット・デメリットを考えた上で、自身に最適なトランクルームを選択していきましょう。

メリット

  • 居住地域に関係なく、トランクルーム会社が提携する宅配業者の配達地域に属していれば荷物を預け入れできる。
  • 預けたい荷物を自宅まで集荷にきてくれる。 空調設備が整っており、24時間監視カメラが作動しているといったセキュリティ面についても万全なオフィスビルなどで管理しているトランクルーム会社もある。
  • アプリなどで荷物の管理が可能。(※サービスによる)
  • 最短翌日の荷物取り出しが可能。
  • 月額利用料 + 送料で大変安価に利用できる。

デメリット

  • 荷主であっても荷物の管理してあるビルや店舗に立ち入ることが禁止されており、防犯上の理由から場所も特定することができない。
  • 預け入れ・取り出しともに予約が必要なため、必要と思ったときにすぐには荷物を取り出すことができない。

このように、費用面や保管設備、預ける手間を省けるなどたくさんのメリットがあります。

どう違うの?宅配型と店舗型トランクルーム

まず、店舗型トランクルームというのは「屋内型トランクルーム」と「屋外型コンテナ」の2種類を指します。

この店舗型トランクルームと宅配型トランクルームの違いは、店舗型の場合、荷主である契約者が契約しているビルやコンテナへの出入りが可能であるのに対して、宅配型トランクルームの場合は保管・管理している建物の所在を知らされないため自由に出入りすることはできません。

また、最も大きな違いとして店舗型トランクルームの場合、荷物の出し入れをする際に荷主自ら契約店舗に来店して荷物を収納する必要があります。しかし、宅配型トランクルームはトランクルーム会社と提携している宅配業者が集荷にくるため、手間な作業といえば荷物を段ボールなどに詰め込む作業のみとなります。

さらに、宅配型トランクルームの場合、荷物の大きさに制限がありバイクなどの大型の荷物の格納・保管については預かりを断られることもありますので注意しておきましょう。

宅配型トランクルームの比較表

では実際に宅配型トランクルームサービスの内容を会社別に比較していきましょう。

サービス名 初期費用 月額利用料 ボックス料金
(1箱)
送料 保管期間 支払い方法 対応のエリア
trunk(トランク) 500円 500円
※1箱
0円 取り出し時:800円
解約取り出し時:400円
1日〜 クレジットカード 全国
エアトランク 無料 5,800円
※0.2畳プラン
200円 無料
※指定一箇所のみ
3ヶ月〜 クレジットカード 東京の一部エリア
宅トラ 19,000円
※ミニタイプ
4,800円
※ミニタイプ
200円〜 1,653円〜
※荷物のサイズによる
6ヶ月〜 クレジットカード 関東以外は要問合せ

宅配型といってもその種類や形態はさまざまです。それぞれの特徴を確認していきましょう。

Trunk(トランク)

trunkは月額利用料が1箱単位というわかりやすい料金体系となっており、リーズナブルな金額で必要な分だけ利用できます。さらに、送料は自己負担という会社もある中、複数アイテム取り出す場合にも離島を除いては一律送料800円と大変お得。また、dリビング連携で1箱目をお得に利用が可能です。

さらに、いつでも荷物を確認できる専用アプリがあり、集荷依頼から入庫アイテムのチェックにいたるまで、全てアプリ上で管理できるサービスを提供しています。荷物の写真撮影料金も月額料金に含まれています。また、大切な荷物を最良の環境で保管・管理するため、空調設備の整った清潔な倉庫と提携しています。

エアトランク

初期費用が無料のエアトランクは、0.2畳から10畳まで料金設定が細かく設定されています。荷物の量にあったプランを選べるため、無駄な費用を抑えることができるでしょう。倉庫管理のプロが、最高水準の品質で荷物を保管してくれます。

配送無料が嬉しいところですが、エリアが港区・千代田区・中央区・品川区・新宿区・渋谷区・目黒区・江東区のみとなっており、他のエリアに関しては別途送料がかかります。対応エリアに属している場合は、ぜひ利用を検討してみましょう。

宅トラ

荷物の保管管理や配送はあのクロネコヤマトが行ってくれるのが宅トラのサービスです。セキュリティ、空調設備などしっかりしており、安心して預けることができます。また、預けた荷物もマイページで確認可能です。

他のサービスと比べると初期費用が少々高めに感じますが、月額利用料は比較的リーズナブルです。預ける荷物の量や対応エリアを確認して、利用するか検討してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
荷物を預けてすっきり片付いたお部屋の実現に役立つ、便利でお得な宅配型トランクルームについてご紹介してきました。地方在住で、近隣にトランクルームがないとお困りの方でも、簡単に荷物を保管・管理できる宅配型トランクルームを検討してみてはいかがでしょうか。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる